水痘

平成26年10月から、水痘ワクチンが定期接種となりました!

麻しん風しん(MR)ワクチン1期接種後、4週間をすぎたら、水痘ワクチンの接種を受けることをお勧めします。

詳細は下記のとおりです。

 

 

水痘(みずぼうそう)について

水痘は、感染力の強い水痘帯状疱疹ウイルスによっておこる病気です。

発熱、発疹が主な症状で、中には重症化する場合もあります。特に、白血病児やネフローゼ患児等でステロイド剤などを服用し、免疫状態の悪い小児がかかると、重篤になりやすく、症状によっては大変危険です。

妊婦がかかると妊娠初期では流産したり、妊娠後期では新生児が死亡したりすることもあります。

ワクチンによる予防が大切です。

対象者・接種方法

実施場所

茨木市予防接種委託医療機関

持ち物

母子健康手帳、予診票

備考

他のワクチンとの接種間隔

水痘ワクチンは生ワクチンです。

他のワクチンを接種する場合、4週間以上あけてください。

 

(例)平成26年10月1日(水曜日)に水痘ワクチンを接種した場合、

他のワクチンを接種できるのは、10月29日(水曜日)からです。

この記事に関するお問い合わせ先

茨木市 こども育成部 子育て支援課(こども健康センター)
〒567-0031
大阪府茨木市春日三丁目13番5号
電話:072-621-5901 
ファックス:072-621-5011
E-mail kodomokn@city.ibaraki.lg.jp
子育て支援課のメールフォームはこちらから