4種混合(DPT-IPV)ジフテリア・百日せき・破傷風・ポリオ

平成24年11月1日から、従来の3種混合(DPT:ジフテリア・百日せき・破傷風)ワクチンに不活化ポリオワクチンを加えた4種混合ワクチンが定期予防接種として導入されました。

3種混合および不活化ポリオの接種を完了している人は、4種混合の接種は不要です。

ジフテリア、百日せき、破傷風、ポリオのいずれかに感染したことがあっても、4種混合の接種は可能です。

ジフテリア・百日せき・破傷風・ポリオについて

ジフテリア

ジフテリアは、国内ではほとんど発症していませんが、ロシアなどで以前流行がありました。

かかると重い病気で呼吸困難をおこし、死亡に至る場合もあります。心臓や神経がおかされ、心臓麻痺や神経麻痺をおこすことがあって、大変危険です。ワクチンで予防できます。

百日せき

百日せきは百日せき菌の飛沫感染でおこり、普通のかぜのような症状で始まり、続いてせきがひどくなり、顔をまっ赤にして連続性にせきこむようになります。熱は出ません。乳幼児はせきで呼吸ができず、けいれんがおこることがあります。

肺炎や脳症などの重い合併症をおこし、乳児では命をおとすこともあります。

破傷風

破傷風は、ケガをしたときに傷口から破傷風菌が入っておこる病気です。傷口が小さくても危険です。
破傷風菌の出す毒素は、神経麻痺、筋肉の激しいけいれんや呼吸困難などをおこします。

発病した場合は、死亡率が高い病気で、予防はワクチン接種が最も有効です。

早めに予防接種を受けて免疫をつけることが大切です。

ポリオ

ポリオは「小児まひ」とも呼ばれ、ポリオウイルスによって四肢に麻痺をおこす病気です。

日本ではワクチンの高い接種率により自然感染による患者発生はありません。しかし、一部の国では今でもポ
リオの流行があり、このウイルスがいつ国内に入ってくるかわかりません。また、それらの国々に出かける時に抗体がないと感染する危険があります。そのため現在でもポリオワクチンによる予防は欠かせません。


 

対象者・接種方法

実施場所

茨木市予防接種委託医療機関

持ち物

母子健康手帳、予診票

この記事に関するお問い合わせ先

茨木市 こども育成部 子育て支援課(こども健康センター)
〒567-0031
大阪府茨木市春日三丁目13番5号
電話:072-621-5901 
ファックス:072-621-5011
E-mail kodomokn@city.ibaraki.lg.jp
子育て支援課のメールフォームはこちらから