子宮頸がん予防(HPV)

  子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)は、平成25年4月1日より法律に基づく定期接種として実施しているところですが、同年6月14日より厚生労働省は、「子宮頸がん予防ワクチンとの因果関係を否定できない持続的な疼痛がワクチン接種後に見られたことから、副反応の発生頻度がより明らかになり、適切な情報提供ができるまでの間、積極的な接種の勧奨を差し控える」としました。
   その中で、厚生労働省は、令和2年10月に定期接種の対象者及びその保護者にワクチンの有効性・安全性に関する情報を届けることとしました。(詳しくは下の厚生労働省リーフレットをご覧ください。)
   現在も接種を積極的に勧める案内を控えている状況ですが、接種自体を妨げるものではないことから、接種を希望される人は、定期接種として予防接種が受けられます。

接種される場合は、予防接種の効果や予想される副反応等について、保護者及び接種を受ける本人も理解した上で接種を受けてください。

詳しくは、次の厚生労働省ホームページをご覧ください。

【厚生労働省ホームページ】子宮頸がん予防ワクチンについて

接種を希望される人は、次の「茨木市予防接種委託医療機関一覧」をご覧ください。


茨木市予防接種委託医療機関一覧はこちら

 

子宮頸がんについて

子宮頸がんは子宮の入り口付近にできるがんで、最近は20 〜30 代の若年層で増加傾向にあります。
子宮頸がんは、発がん性のヒトパピローマウイルス(HPV)というウイルスの感染によってひきおこされます。HPV は性交経験があれば誰でも感染する可能性があるウイルスで、感染自体は決して特別なものではありません。また、感染してもほとんどの場合は自然に排除されます。

ウイルスが排除されずに長期間感染が続く場合、5 〜10 年以上の年月を経て、子宮頸がんを発症します。

HPV は、子宮頸がんのほかにも、外陰がん、腟がん、尖圭コンジローマ(性器に出来る鶏冠状のイボ)などの病気も引き起こします。
 

対象者・接種方法

ワクチンは2種類あり、ワクチンによって接種方法が異なります。

子宮頸がん予防ワクチンは、1回目に接種したワクチンと同じワクチンを最後まで接種してください。

※令和2年11月現在、サーバリックスワクチンは、医療機関向けの供給が安定していないため、1回目の接種を受ける際は、ガーダシルワクチンを接種していただく可能性がございます。

実施場所

持ち物

母子健康手帳

この記事に関するお問い合わせ先

茨木市 こども育成部 子育て支援課(こども健康センター)
〒567-0031
大阪府茨木市春日三丁目13番5号
電話:072-621-5901 
ファックス:072-621-5011
E-mail kodomokn@city.ibaraki.lg.jp
子育て支援課のメールフォームはこちらから