がん検診のメリット・デメリット

~がん検診のメリット・デメリットをご理解のうえ、がん検診を受診してください~

メリット

 最大のメリットは早期発見、早期治療による救命の効果です。がん検診は、症状のない健康な人を対象にしていることから、早期がんで発見されることが多く、早期のがんであれば、そのほとんどが治り、しかも軽い治療で済みます。

デメリット

 残念ながら、どのように優れた検査でも100パーセントの精度ではありません。がんが発生した時点から一定の大きさになるまで検査で発見することはできません。また、がんそのものが見つけにくい形であったり、見つけにくい場所に出たりする場合があるため、ある程度の見逃しは、起こる可能性があります。

 がん検診によって、がんの疑いがあると判定され、精密検査を行ってもがんがない場合や、進行がんにならないがんが見つかった場合に、結果的にみれば不必要な治療や検査が行われることがあります。

(参考)国立がん研究センターがん対策情報センター「がん情報サービス」

この記事に関するお問い合わせ先
茨木市 健康福祉部 保健医療課(保健医療センター)
〒567-0031
大阪府茨木市春日三丁目13番5号
電話:072-625-6685 
E-mail hokeniryo@city.ibaraki.lg.jp
保健医療課のメールフォームはこちらから