更生保護活動

  保護観察や犯罪予防等の更生保護活動は、国の機関だけでは十分な効果を挙げることが困難であり、保護司などの更生保護ボランティアと呼ばれる様々な方々や団体が、それぞれの特性を活かし更生保護活動に積極的に参加されています。

更生保護サポートセンター

  茨木市では、犯罪や非行防止のための相談窓口として、更生保護サポートセンターを設置しています。運営は保護司会が行い、担当保護司が生活上の助言・指導や就労支援などの相談に応じています。秘密は厳守しますので、お気軽にご相談ください。

ところ

福祉文化会館1階 茨木市更生保護サポートセンター

相談日時

相談者と調整しますので、まずはお電話ください

問合せ先

同センター 電話072-620-8310  (月曜日~金曜日、午前10時~午後4時)

社会を明るくする運動

  社会を明るくする運動は、全ての国民が犯罪や非行の防止と、あやまちを犯した人の立ち直りについて理解を深め、それぞれの立場において力を合わせ、犯罪や非行のない安全で安心な地域社会を築くための全国的な運動です。

  毎年7月を強調月間とし、茨木市においても様々な活動を行っています。

街頭宣伝活動

  「社会を明るくする運動」について、広く市民の皆さまに周知をするため、茨木市内の駅周辺で広報物品の配布等を行っています。

令和2年度実績

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため中止

令和元年度実績

日時

令和元年(2019年)7月1日(月曜日)午後5時30分~午後6時30分

場所

JR茨木駅、JR総持寺駅、阪急茨木市駅、阪急南茨木駅周辺

内容

社会を明るくする運動ののぼりを立て、カセットテープの啓発文を流しながら広報物品(ティッシュペーパーと物品)を配布

市民大会

  犯罪や非行のない地域を作るために、更生保護について一人ひとりが考えるきっかけとすることを目的として、市民大会を開催しています。

令和3年度実績

とき

令和3年(2021年)7月17日(土曜日)から1週間

次第
  • 式典
  • 講演(テーマ「映画ビリギャル主人公が語る!子どもの能力を引き出す大人のあり方」
    講師 映画「ビリギャル」モデル 小林さやかさん)
開催方法

社会を明るくする運動構成団体の皆様は会場で、市民の皆様は申し込みの上オンライン配信(ライブ配信と、1週間のアーカイブ配信)で、ご参加いただきました。

内容

小林さやかさんには、ご自身の経験をもとに、勉強に限らずあらゆる物事に取り組むときのモチベーション維持の方法として、目的・意義をもつこと、成功体験を重ねること、目標を周囲の人に宣言すること等についてご講演いただきました。テンポよく熱のこもった小林さんのお話に、参加者も惹きつけられ、今後の更生保護活動に役立つとご好評をいただきました。

講演をする小林さやかさん
スライドを使って話す小林さやかさん

令和2年度実績

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため中止

過去の市民大会

イオンモール茨木矯正展

刑務所作業製品の展示・即売会等を行っています。

令和2年度実績

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため中止

令和元年度実績

日時

令和2年2月1日(土曜日)、2日(日曜日)10時~19時

場所

イオンモール茨木 1F ジョイプラザ(茨木市松ヶ本町8-30)

内容
  • 刑務所等作業製品展示即売会
    全国の刑務所で受刑者が作成した刑務所等作業製品の展示即売
  • お茶席(両日とも11時~16時)
    茨木地区更生保護女性会、梅花女子大学茶道部によるお茶と和菓子のおもてなし(一席300円、一日限定200人 )
  • 塗り絵コーナー
    社会を明るくする運動のマスコットキャラクター「アカルイーネちゃん」や「ホゴちゃん」、「サラちゃん」の塗り絵
    塗り絵に参加してくださった方に、「ホゴちゃん」のシールのプレゼント(一日先着限定200人)

 

この記事に関するお問い合わせ先


茨木市 福祉部 地域福祉課
〒567-8505 大阪府茨木市駅前三丁目8番13号
茨木市役所南館2階(15番窓口)
電話:072-620-1634
ファックス:072-621-1660 
E-mail chiikifukushi@city.ibaraki.lg.jp
地域福祉課のメールフォームはこちらから