避難情報の名称及び運用の変更について

更新日:2021年12月15日

避難情報の名称及び運用の変更について

  • 令和元年台風第19号等の課題を踏まえ、災害対策基本法(令和3年5月20日施行)が改正されたことに伴い、国の「避難勧告等に関するガイドライン」の名称を含め改定され、「避難情報に関するガイドライン」として公表されました。避難情報を発令する際は、以下の表に基づき発令します。
  • 改定されたガイドラインでは、警戒レベル4の避難勧告と避難指示については「避難指示」に一本化し、これまでの避難勧告のタイミングで避難指示を発令するとともに、警戒レベル5を「緊急安全確保」とし、災害が発生・切迫し指定緊急避難場所等への立退き避難がかえって危険であると考えられる場合に直ちに安全確保を促すことができることとする等、避難情報が改善されました。