2021年1月2月(警防)切断用器具等取扱訓練等を実施しました

 

解体工事建物を活用し、職員一人ひとりの知識及び技術の向上を目的として訓練を実施しました。

 

・訓練内容

切断用器具等取扱訓練・・・災害時に扉が施錠されている場合、扉を破壊し進入します。今回はエンジンカッター等を使用した破壊方法について訓練しました。

 

スプリンクラー設備取扱訓練・・・スプリンクラー設備のある建物で火災が発生した場合、自動的に水が放出されます。しかし、設備用に設置してある貯水槽の水が無くなると消防車両からの送水が必要となります。今回は、消防車両からスプリンクラー設備への送水と活動後の対応方法について訓練しました。

 

今後も、現場活動能力の更なる向上を目指し、訓練や教養を実施してまいります。

 

 

切断用器具等取扱訓練

 

実施日時   令和2年12月18日から令和3年1月7日(内10日間)

               9時30分から12時00分、13時30分から16時00分

実施場所   茨木市内解体工事現場

エンジンカッター取扱

エンジンカッターによる扉切断訓練

エンジンカッター取扱2

切断後、開口部から手を入れ、内鍵を開錠しドアを開放します。

 

 

 

実施日時  令和3年1月8日から令和3年1月29日(内15日間)

              9時30分から12時00分、13時30分から16時00分

実施場所  茨木市内解体工事現場

エンジンカッター訓練

エンジンカッターによる扉切断訓練

ハリガンツール訓練

ハリガンツールによる扉開放訓練

スプリンクラー設備取扱訓練

実施日時  令和3年2月4日、令和3年2月5日(2日間)

              10時00分から12時00分、13時30分から17時00分

実施場所   茨木市内解体工事現場

スプリンクラー設備訓練

スプリンクラー設備取扱訓練

スプリンクラー設備2

スプリンクラー設備作動時の様子

この記事に関するお問い合わせ先
茨木市 消防署 警防課
〒567-0885
大阪府茨木市東中条町2番13号 合同庁舎内 
電話:072-622-6975
消防本部ファックス:072-621-0119
E-mail o40000090@osaka.qq-net.jp
消防本部のメールフォームはこちらから