2018年11月(予防)秋の全国火災予防運動

火災のない安全安心なまちをつくりましょう

火災が発生しやすい時季を迎えるに当たり、火災予防思想の一層の普及を図り、もって火災の発生を防止し、高齢者を中心とする死者の発生を減少させるとともに、財産の損失を防ぐことを目的に全国一斉に平成30年11月9日から15日までの7日間にわたり全国火災予防運動を実施しました。

わが家わが町から火災をなくし、住みよい環境をつくるため、次のことを心がけましょう。

住宅防火 いのちを守る 7つのポイント ~3つの習慣・4つの対策~


3つの習慣

1.寝たばこは、絶対やめる。

2.ストーブは、燃えやすいものから離れた位置で使用する。

3.ガスこんろなどのそばを離れるときは、必ず火を消す。

4つの対策

1.逃げ遅れを防ぐために、住宅用火災警報器を設置する。

2.寝具、衣類及びカーテンから火災を防ぐために、防炎品を使用する。

3.火災を小さいうちに消すために、住宅用消火器等を設置する。

4.お年寄りや身体の不自由な人を守るために、隣近所の協力体制をつくる。

 

住宅用火災警報器の維持・管理をしましょう


住宅火災の逃げ遅れによる死者を防ぐ「住宅用火災警報器」の設置義務化(平成18年6月)から10年以上が経過しますが、「住宅用火災警報器」の電池寿命はおおむね10年となっています。定期的に点検ボタンを押すなどして作動の確認をしてください。ボタンを押しても作動しないときは、電池が正しくセットされているか確認してください。それでも鳴らない場合は、「電池切れ」か「機器本体の故障」ですので取扱説明書をご覧いただきご対応ください。

 

また、住宅用火災警報器にほこりがつくと、正常に感知しなくなる場合があるため、家庭用中性洗剤をしみこませた布等で軽く拭き取り、ほこりを除去しましょう。

 

「忘れてない? サイフにスマホに 火の確認」(平成30年度全国統一防火標語)


 

平成30年度全国統一防火標語

いばらき安全安心フェスタを開催しました。

10月27日(土曜日)中央公園南グラウンドで、秋の火災予防運動の一環として「いばらき安全安心フェスタ」を開催しました。ミニ消防車の試乗、消火体験、応急手当体験、ロープ渡過体験、消防・警察車両の展示などのコーナーを設けるとともに、ステージでは消防音楽隊の演奏、児童防災教室「防災ダック」、大阪府警察本部の防犯教室、阪神救助犬協会の災害救助犬デモンストレーションなどを行いました。ご来場いただいた方々には、各コーナーや演技等を楽しんでもらいながら、安全・安心への関心を高めていただくことができました。

消防音楽隊による演奏
ミニ消防車の試乗
消火体験
ロープ渡過体験

市内事業所で消防訓練を実施しました。

11月2日(金曜日)・7日(水曜日)の両日、市内事業所と合同で消防訓練を実施しました。

出火した建物内に要救助がいるとの想定のもと、実火災さながらの訓練を行いました。

11月2日(金曜日)、高齢者福祉施設(コムシェいばらき)で消防訓練を実施しました。

11月7日(水曜日)、病院(友紘会総合病院)で消防訓練を実施しました。

ひとり暮らし高齢者宅の防火訪問を実施しました。

11月9日(金曜日)に市内のひとり暮らし高齢者宅に訪問し、火の取り扱いなどの住宅防火について注意を呼びかけました。

この記事に関するお問い合わせ先
茨木市 消防本部 予防課
〒567-0885
大阪府茨木市東中条町2番13号 合同庁舎内 
電話:072-622-6950
消防本部ファックス:072-621-0119
E-mail o40000090@osaka.qq-net.jp
消防本部のメールフォームはこちらから