緊急事態!茨木市民が狙われています。

市や公的機関をかたる不審な電話が市内で相次いでいます。

現在、特殊詐欺被害の報告のほか、自宅に不審な電話がかかってきたとの情報が消費生活センターに多数寄せられています。


主な内容は次の通りです。

・市役所年金課をかたり、
「保険料の還付金を受け取ってもらうために、銀行の口座番号とキャッシュカードの暗証番号を教えてほしい」

・「還付金を受け取りに銀行に行ってほしい」

 

また、今後も、「アポ電(資産状況や家族構成などを聞き出そうとする電話)」などの特殊詐欺の手口の発生が予想されます。

不審な電話などにご注意ください。

不審な電話があれば、一旦電話を切り、消費生活センター(624-1999)茨木警察署(622-1234)へ相談してください。(消費者ホットラインは「188」)

 

見守り新鮮情報333号(「アポ電」かも。知らない番号からの電話に出るのは危険です)
この記事に関するお問い合わせ先

茨木市消費生活センター
〒567-0888
大阪府茨木市駅前四丁目6番16号 市民総合センター内
電話:072-624-0799
ファックス:072-622-1878
消費生活相談 電話:072-624-1999
E-mail syohiseikatsu@city.ibaraki.lg.jp
消費生活センターのメールフォームはこちらから
(消費生活相談は詳しい状況をお聞かせいただく必要があり、メールでの相談は受付しておりませんが、聴覚に障害があるなど特別な事情がある方は、メール等による相談が可能です。)