急増中!「総合消費料金に関する訴訟最終告知のお知らせ」というハガキによる架空請求に注意してください。

「法務省管轄支局 国民訴訟通達センター」「民事訴訟管理センター」という差出人からハガキが送られてきて、利用した覚えがない料金について訴訟をすると書かれているがどうしたらよいか?

という相談が急増しています。

ハガキには、「総合消費料金」という名目で未払いの料金があるため民事訴訟として訴状が提出されたと書かれており、連絡がない場合は差し押さえを行うとも書かれています。

また、もっともらしく文面を情報保護シールで覆い隠し、見えないようにして送ってくることもあります。

 

〇このようなハガキがどのような名義で届いても、決して相手には連絡せず、無視してください!

〇不安を感じたり、対処に困った場合には、消費生活センター(624-1999)相談してください。

総合消費料金に関する訴訟最終告知ハガキ見本

「総合消費料金に関する訴訟最終告知のお知らせ」ハガキ例(実物とは若干異なります)

この記事に関するお問い合わせ先

茨木市消費生活センター
〒567-0888
大阪府茨木市駅前四丁目6番16号 市民総合センター内
電話:072-624-0799
ファックス:072-622-1878
消費生活相談 電話:072-624-1999
E-mail syohiseikatsu@city.ibaraki.lg.jp
消費生活センターのメールフォームはこちらから
(消費生活相談は詳しい状況をお聞かせいただく必要があり、メールでの相談は受付しておりませんが、聴覚に障害があるなど特別な事情がある方は、メール等による相談が可能です。)