大阪府パートナーシップ宣誓証明制度

更新日:2022年07月01日

大阪府では、性的マイノリティ当事者の方を対象にした「大阪府パートナーシップ宣誓証明制度」を開始しました。

大阪府パートナーシップ宣誓証明制度とは、性的マイノリティ当事者の方が、お互いを人生のパートナーとすることを宣誓された事実を、大阪府として公に証明する制度です。

これは、「大阪府性的指向及び性自認の多様性に関する府民の理解の増進に関する条例」が、令和元年10月30日に施行されたことを受け、全ての人が自分らしく生きることができる社会の実現をめざした取組みの一環として、実施するものです。

これにより、府営住宅の入居資格要件を拡大し、パートナーシップ関係にある人の入居申し込みが可能となります。

宣誓者の要件など詳細については、大阪府府民文化部人権局人権企画課教育・啓発グループまでお問合せください。06-6210-9281

大阪府パートナーシップ宣誓書受領証の提示により対応可能な事務

茨木市のパートナーシップ宣誓書受領証を提示するときと同じ内容の対応ができます。

下記リンクから、「パートナーシップ宣誓した人が利用できる制度」をご覧ください。

この記事に関するお問い合わせ先
茨木市  市民文化部 人権・男女共生課
〒567-8505
大阪府茨木市駅前三丁目8番13号 茨木市役所本館2階(10-2窓口)
電話:072-620-1640 
ファックス:072-620-1725
E-mail jinken@city.ibaraki.lg.jp
人権・男女共生課のメールフォームはこちらから