性的マイノリティについて

性的マイノリティとは

性的マイノリティとは、女性で女性を、男性で男性を好きになる人や、体と心の性別が異なる人など、セクシャリティ(性のあり方)が少数派の人たちの事を言います。その中で代表的なレズビアン・ゲイ・バイセクシャル・トランスジェンダーの4つの頭文字をとって、LGBTと言う場合もあります。

セクシャリティは「体の性」、「心の性自認」「好きの性的指向」「表す性」(ジェンダー)といった4つの 視点から見ると、これらの要素の度合いによって、無数の組み合わせがあるため、女性か男性かのどちらかだけに分けられるものではありません。そのため、セクシャリティは人それぞれ違います。

また、見た目では判断できないセクシャリティの違いの理解不足、周囲の誤解や偏見から、差別やいじめをする人がいるため、ありのままの自分を隠して生活している人もいます。

私たちができること

人はそれぞれ違っていてあたり前です。その違いを多様な個性の一つとして認め合える社会は、誰もが生きやすいと思える社会ではないでしょうか。LGBTの理解者・支援者(アライと言います。)になるためにあなたが今すぐに実践できることがあります。

・差別的な言葉は使わず、ゲイやトランスジェンダー、レズビアンと表現し、LGBTをからかうような言動はしないようにしましょう。

・本人の承諾なく、その人のセクシャリティを他の人に教えるのはやめましょう。

・LGBTを多様な個性の一つとして理解を深め、ありのまま自由に過ごせるよう、あなた自身が人の違いを尊重する姿勢を大切にしましょう。

LGBTの相談をしたい時には

【市内の相談先】

・いのち・愛・ゆめセンター
【相談日時】月~土曜日(祝日、12月29日~1月3日を除く) 9時~17時

・豊川 いのち・愛・ゆめセンター    【電話番号】 072-643-1470

・沢良宜 いのち・愛・ゆめセンター 【電話番号】 072-635-7667

・総持寺 いのち・愛・ゆめセンター 【電話番号】 072-626-5660

 

・男女共生センターローズWAM

【相談日時】 月、水~土曜日(祝日、12月29日~1月3日を除く) 10時~16時

【電話番号】 072-620-9920

 

・人権センター

【相談日時】月~金曜日(祝日、12月29日~1月3日を除く)9時~17時

【電話番号】072-622-6613

 

 

 

市以外の相談先

・一般財団法人 大阪府人権協会

【平日相談】月~金曜日 (祝日、12月29日~1月3日を除く)

                   9時30分~17時30分

【夜間相談】火曜日 (祝日、12月29日~1月3日を除く)
 
                   17時30分~20時30分まで

【休日相談】第4日曜日
 
                  9時30分~17時30分

 

【電話相談】電話番号06-6581-8634

【ファクシミリ相談】 ファックス番号(代表)06-6581-8614

【料金】無料

【その他】メール、手紙、面接等の相談も受け付けていますので、

詳しくはホームページをご確認下さい。
 

この記事に関するお問い合わせ先
茨木市  市民文化部 人権・男女共生課
〒567-8505
大阪府茨木市駅前三丁目8番13号 茨木市役所本館2階(10-2窓口)
電話:072-620-1640 
ファックス:072-620-1725
E-mail jinken@city.ibaraki.lg.jp
人権・男女共生課のメールフォームはこちらから