「アートでおしゃべり」対話型鑑賞プログラム

更新日:2022年09月22日

身近にあるアート作品を鑑賞しながらおしゃべりしよう!

参加者同士のコミュニケーションを通して、作品を読み解いていくプログラムです。

開催概要

日時

令和4年11月26日(土曜日)

            12月 3日(土曜日)

            12月 4日(日曜日)

           12月10日(土曜日)

           12月17日(土曜日)

午前の部  10:30 ~ 12:00

午後の部  13:30 ~ 15:00

※参加はどちらかの部のみ。全5回。

 

場所

茨木市立生涯学習センターきらめき

(最終日のみ、阪急南茨木駅および茨木市天王公民館)

 

対象・定員

成人(18歳以上)

 ※連続講座のため、全日受講できる方

 

参加

無料・要事前申込

※申込多数のときは抽選を行います

 

主催

茨木市、京都芸術大学アート・コミュニケーション研究センター

内容

生涯学習センターきらめき に展示されている作品を中心に、「みる・考える・話す・聴く」といったコミュニケーションを行いながら、作品を鑑賞します。

どなたでも受講可能。専門的な知識は不要です。

申込期間・方法

申込期間

10月18日(火曜日)まで

申込方法

下記専用フォームからお申込ください。

https://logoform.jp/form/2Qoq/taiwaart1

講師

春日美由紀

春日 美由紀 氏

専門領域は美術教育。1999年島根大学大学院在学中に「なぜこれがアートなの?」に出会い衝撃を受け、本書の訳者である福のり子に師事し、ACOPを学ぶ。35年間美術教諭としてACOPの実践を積む中、島根県にて対話型鑑賞の普及に努める「Art Communication in Shimane みるみるの会」を2011年に設立。フィールドは幼稚園から大学、美術館、企業までと多岐にわたる。京都芸術大学アート・コミュニケーション研究センター共同研究者を経て2021年度に着任。

教育学修士、日本美術教育学会会員、日本実践美術教育学会会員、安来市加納美術館理事

この記事に関するお問い合わせ先
茨木市 市民文化部 文化振興課
〒567-8505
大阪府茨木市駅前三丁目8番13号
茨木市役所南館8階
電話:072-620-1810
ファックス:072-622-7202 
E-mail bunka_s@city.ibaraki.lg.jp
文化振興課のメールフォームはこちらから