令和2年7月1日から全国でレジ袋の有料化がスタートします!

レジ袋有料化の背景

現在、深刻化する海洋プラスチックごみ問題や地球温暖化等の課題に対応しながら、プラスチック資源をより有効に活用する必要が高まっています。そこで、国は、令和元年(2019年)5月に「プラスチック資源循環戦略」を制定し、その重点戦略の一つとしてリデュース等の徹底を位置づけ、その取組の一環として、レジ袋の有料化を義務付けるとしました。令和2年(2020年)7月1日から全国一律でレジ袋(一部例外あり)の有料化が開始されます。

有料化の対象となる事業者・買物袋

プラスチック製買物袋を扱う全ての小売業者が対象です。


消費者が購入した商品を持ち運ぶために用いる、持ち手のついたプラスチック製の買物袋が有料化の対象です。ただし、以下のものは対象となりません。


1.プラスチックのフイルムの厚さが50マイクロメートル(0.05ミリメートル) 以上のもので必要な表示があるもの

2.海洋生分解性プラスチックの配合率が100%で必要な表示があるもの

3.バイオマス素材の配合率が25%のもので必要な表示があるもの

茨木市からのお願い

北摂7市3町(茨木市、豊中市、池田市、吹田市、高槻市、箕面市、摂津市、島本町、豊能町、能勢町)では、これまで、ごみの発生抑制及び温室効果ガス(二酸化炭素など)の排出削減を図るため、レジ袋の無料配布中止等を趣旨とする「北摂地域におけるマイバッグ等の持参促進及びレジ袋削減に関する協定」を食品スーパーマーケット事業者と締結し、締結事業者の各店舗でレジ袋の無料配布中止を実施する等の取組を行ってきました。その結果、本市では同協定の目標値である「マイバッグ持参率80%」を平成30年(2018年)年10月に達成し、北摂全体でも平成31年(2019年)3月に達成しています。

7月1日からは、全国一律、全ての小売店でレジ袋が有料となりますが、引き続き、お買い物の際にマイバッグを持参するなど、レジ袋の削減にご協力をお願いします。

この記事に関するお問い合わせ先




茨木市 産業環境部 資源循環課

〒567-8505 大阪府茨木市駅前三丁目8番13号
茨木市役所南館3階(25番窓口)
電話:072-620-1814
ファックス:072-627-0289 
E-mail shigenjunkan@city.ibaraki.lg.jp
資源循環課のメールフォームはこちらから