第36回茨木市立文化財資料館テーマ展「上皇をささえた村々―摂津国島下郡の仙洞料」

(イメージ)第36回茨木市立文化財資料館テーマ展「上皇をささえた村々―摂津国島下郡の仙洞料」

開催場所・会場
茨木市立文化財資料館
開催日・期間
令和元年10月5日(土曜日)~12月9日(月曜日)
イベントの種類分野
イベント / 文化・芸術 , 生涯学習・図書館 , 子ども・子育て

江戸時代の茨木市域は、摂津国島下郡(せっつのくにしましもぐん)に属し、

仙洞料(せんとうりょう、上皇の領地)・閑院宮家領(かんいんのみやけりょう)をはじめ、

幕府領・大名領・旗本領・寺社領といった領地が入り組んでいた点が特徴です。

 

本展示では、新天皇の即位、200年来の上皇の誕生を機に、

江戸時代の茨木市域の村々と、天皇・上皇・宮家などの朝廷とのつながりを、

古文書、絵図を用いてご紹介します。

 

展示内容

1仙洞料の村々

  下中条村・上野村・鮎川村・吹田村

2閑院宮家領の村々

  西蔵垣内村・丑寅村

3禁裏付武士の領地

  奈良村・下中条村・安威村・清水村・西河原村

 

 

イベントの詳細
内容

講演会

 

1 令和元年10月27日(日曜日) 午後2時~3時30分

若松正志氏(京都産業大学教授)

「閑院宮家の歴史と資料」

 

2 令和元年11月9日(土曜日) 午後2時~3時30分

野村玄氏(大阪大学大学院准教授)

「江戸時代における上皇の地位と権能」

 

いずれも事前申込み不要、先着80名

 

 

 

学芸員講座

 

令和元年10月11日(金曜日)午後2時~3時30分

高橋伸拓(当館学芸員)

「仙洞料の支配と京都代官」

 

事前申込み不要、先着80名

 

定員 なし
関連画像
「上皇をささえた村々」展ポスター
関連ファイル
費用

入館無料

会場・開館時間・休館日

文化財資料館2階展示室

開館時間 午前9時から午後5時

休館日 火曜日(10月22日を除く)、祝日の翌日

阪急南茨木駅または大阪モノレール南茨木駅下車
東へ300メートル

問い合わせ先


茨木市 教育委員会 教育総務部 歴史文化財課
文化財資料館
〒567-0861
大阪府茨木市東奈良三丁目12番18号
電話:072-634-3433
ファックス:072-637-4745

E-mail shiryokan@city.ibaraki.lg.jp
文化財資料館のメールフォームはこちらから

地図情報

関連イベント

この記事に関するお問い合わせ先


茨木市 教育委員会 教育総務部 歴史文化財課
文化財資料館
〒567-0861
大阪府茨木市東奈良三丁目12番18号
電話:072-634-3433
ファックス:072-637-4745

E-mail shiryokan@city.ibaraki.lg.jp
文化財資料館のメールフォームはこちらから