子ども・若者自立支援センター業務委託に係る公募型プロポーザルの実施について

公募型プロポーザルの選定結果について

茨木市子ども・若者自立支援センター業務委託に関し、広く提案を募集するため公募型プロポーザルを実施し、受託候補者を決定しました。

業務名

子ども・若者自立支援センター業務

審査方法

1.企画提案内容(プレゼンテーション)審査(405点満点)

2.業務実績調書・業務実施体制調書・見積書による書類審査(95点満点)

※1.と2.の合計:500点満点

茨木市子ども・若者自立支援センター業務プロポーザル選定会議委員会において審査を行い、各審査の評価点が最高点でかつ採点基準の合計点の6割(300点)を満たしている提案者を受託候補者として決定した。

提案者数

1者

受託候補者

名称:社会福祉法人ぽぽんがぽん

所在:大阪府茨木市真砂玉島台8番20号

審査結果

  受託候補者
企画内容提案審査 292点
書類審査 93点
合計 385点
順位/採用・不採用 1位/採用

 

子ども・若者自立支援センター業務委託に係るプレゼンテーションの公開(プレゼンテーションは終了しました。)

子ども・若者自立支援センターの運営団体の選定に係るプレゼンテーションの公開に伴い、傍聴を受け付けます。(傍聴受付及びプレゼンテーションは終了しました。)

開催日

令和元年5月29日(水曜日)午前10時~午前10時30分(予定)

開催場所・会場

茨木市立上中条青少年センター 第1会議室

(上中条2-11-22)

定員

先着10人

内容

ひきこもり・ニート・不登校等の生きづらさを抱える子ども・若者に対する支援事業提案

傍聴申込

電話または来庁により受付

申込先 こども政策課 窓口:茨木市役所南館3階19番窓口 電話:072-620-1625

プロポーザルへの参加者を募集します(申込受付は終了しました。)

次のとおり、公募型プロポーザル方式による提案募集を行います。(申込受付は終了しました。)

※4月18日(木曜日)開催の説明会への参加がプロポーザルへの参加要件となります。

(説明会は終了しました。)

業務名

子ども・若者自立支援センター業務

業務の目的

広義のひきこもり群は大阪府内で約3.8万人(内閣府調査による出現率1.57%を根拠に推計)とされ、茨木市においても相当程度の存在が想定される。ひきこもり状態により、本人や家族が長期間苦しむことと、将来的には生活保護費などが増大する恐れがあり、社会的負担の軽減のためにも早期の支援が必要となるため。

業務内容

ひきこもり・ニート・不登校等の生きづらさを抱える子ども・若者が社会参加していけるよう本人やその家族を支援する。

1. 電話・来所による相談受付

2. 訪問支援

3. 居場所の提供

4. 同行支援

5. 不登校・中退予防支援

6. 関係機関との連携・企業との調整

7. 茨木市子ども・若者支援地域協議会の指定支援機関としての役割

8. 子ども・若者自立支援に関連する情報の収集

※相談支援の経験を有する者を3人配置(うち1人は専任) すること。原則、業務委託期間中は、同一の者を配置することとするが、変更する場合には、協議を要するものとする。

※利用料は無料とすること。ただし、実費については、徴収可とする。

業務期間

平成31(2019)年6月10日から平成32(2020)年3月31日まで

当該業務の予算額等

10,634,300円(税込)

提案額(参考見積額)が、予算額を超過した場合は、失格とする。また、候補者決定後の最終見積(本見積)の提出に際し、予定価格については、予算額以下で設定するものとする。

プロポーザルの形式

本業務は、公募型プロポーザルにより候補者を決定するものとする。なお、本プロポーザルはプレゼンテーションの一部を公開で実施するものとする。

参加資格

プロポーザルに参加できる者は、次に掲げる要件をすべて満たす者であること。

1. 茨木市(以下「市」という。)の物品等、建設工事及び測量・建設コンサルタント等の入札参加資格審査申請書を提出し、茨木市入札参加資格者名簿に登載されていること。ただし、未登録者は「入札参加資格を有さない者の参加」を参照のこと。

2. 社会福祉法人、特定非営利活動法人等の法人又は団体であること。

3. 相談支援の実績があり、本業務の趣旨を十分理解し、業務を適切、公正、中立かつ効果的に実施できる者であること。

4. 地方自治法施行令(昭和22年5月3日政令第16号)第167条の4第1項の規定に該当しないこと。

5. 地方自治法施行令第167条の4第2項の規定により一般競争入札への参加を制限されている者でないこと。

6. 国税、地方税を完納していること。(納付義務がない場合を除く。)

7. 茨木市物品等登録業者指名停止要綱(平成29年4月1日実施)に基づく指名停止の期間中でないこと。

8. 会社更生法(平成14年12月13日法律第154号)第17条の規定による更生手続開始の申し立てをしている者に該当しないこと。

9. 民事再生法(平成11年12月22日法律第225号)第21条の規定による再生手続開始の申し立てをしている者に該当しないこと。

10. 宗教活動及び政治活動を目的とした団体でないこと。

11. 茨木市暴力団排除条例(平成24年9月27日茨木市条例第31号)第8条第1項第6号の規定による場合又は同項第7号に規定するときに該当しないこと。

入札参加資格を有さない者の参加

茨木市入札参加資格者名簿に登載されていない者が参加を希望する場合は、入札参加資格審査申請書を提出し、市で資格審査を行い、入札参加資格を有する場合は、茨木市入札参加資格者名簿に登載するものとする。

ただし、起業後2年未満の事業所等については、プロポーザル用の入札参加資格要件を満たせば、本件本プロポーザルにのみ参加可能とする。

共同事業体

本事業を効率的かつ効果的に行うために必要な場合は、複数の事業者(以下「グループ」という。)が共同して応募することができるものとする。その際、「参加申込書」(様式2号)と合わせて、共同事業体届出書を提出すること。(ただし、参加資格を有さない事業者は、グループの構成団体とならない。)

この場合においては、次に掲げる事項に留意するものとする。

1. グループの構成団体を特定し、グループの名称及びグループ内で代表となる事業者を定めることとする。

2. 単独で参加する事業者は、グループの構成団体として参加することはできない。

3. 複数のグループにおいて、同時に構成団体となることはできない。

4. 代表団体及び構成団体は、原則として変更できない。ただし、構成団体については、業務遂行上支障がないと本市が判断した場合、変更することができる。

参加申込(申込受付は終了しました。)

参加希望者は、「参加申込書」(様式2号)に必要事項を記入し、所在地、事業所名及び代表者、代表者印を記名押印の上、必要書類を添えて提出すること。

必要書類

1. 業務実績調書(様式3号)

2. 業務実施体制調書(様式4号・4-2号)

3. 物品等入札参加資格審査申請提出書類(茨木市入札参加資格者名簿登載者は提出不要)

提出先

茨木市役所こども政策課事務室(南館3階19番窓口)

提出期限

平成31年4月19日(金曜日)午前9時~4月25日(木曜日)午後5時【厳守】※土・日を除く

提出方法

持参による(持参以外の提出方法は認めない。)

子ども・若者自立支援センター運営団体募集説明会の開催(説明会は終了しました。)

子ども・若者自立支援センターの運営団体を募集するにあたり、説明会を実施します。

※本説明会への参加がプロポーザルへの参加要件となります。

※事前連絡は不要です。直接開催時間においでください。

開催場所・会場

茨木市立男女共生センターローズWAM 研修室502

開催日・期間

4月18日(木曜日) 午前10時~(1時間程度)

内容

事業内容、実施体制等についての説明

 

公告文

配布資料

この記事に関するお問い合わせ先
茨木市 こども育成部 こども政策課
〒567-8505
大阪府茨木市駅前三丁目8番13号 茨木市役所南館3階
電話:072-620-1625 
E-mail kodomoseisaku@city.ibaraki.lg.jp
こども政策課のメールフォームはこちらから