新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のための対応について

更新日:2022年02月04日

令和4年1月28日付で新型コロナウイルス感染症に関する登室基準及び臨時休室基準を変更いたしました。

保護者の皆さまには、毎日の健康観察やマスクの着用をはじめとする基本的な感染症対策を徹底する等ご配慮ください。感染拡大の防止と学童保育の継続の観点から、ご理解とご協力をお願いいたします。

次の場合は、登室しないでください

欠席連絡時にどの場合に該当するのかをお伝えください。


<児童本人>
〇検査(抗原検査等を含む)の結果が陽性もしくは医師から新型コロナウイルス感染症と診断された場合
〇感染疑いのため検査を受け(検査予定で)結果が出ていない場合
〇濃厚接触者または濃厚接触の可能性のある者に特定された場合
(保健所または学校、市役所等から自宅待機の連絡が入った場合)
〇体調不良(発熱、頭痛、鼻水、咳、のどの痛み等の風邪症状がある)の場合

<同居家族等の状況>
〇検査(抗原検査等を含む)の結果が陽性もしくは医師から新型コロナウイルス感染症と診断された場合
〇感染疑いのため検査を受け(検査予定で)結果が出ていない場合
〇体調不良(発熱、頭痛、鼻水、咳、のどの痛み等の風邪症状がある)の場合

※上記以外の場合であって、同居家族等が濃厚接触者となった、また、同居家族(きょうだい)で休園施設に通う児童がいる(休園施設が再開するまで)場合は登室を控えてください。
なお、保健所から連絡があれば、その指示に従ってください。

新型コロナウイルス感染症陽性または濃厚接触者に特定された場合の連絡について

学童保育室の欠席のご連絡とは別に、学童保育室の利用児童が陽性または濃厚接触者となった場合は、別途ご連絡ください。
連絡方法については、以下のリンクをご確認ください。

学童保育室を臨時休室する場合【令和4年1月28日改定】

以下の基準に該当する場合は、学童保育室を臨時休室といたします。

児童・保護者の皆様へのお願い

・学童保育室で発熱や風邪症状を確認した際は速やかな迎え。(学童保育室から保護者の方へご連絡いたします。)
・毎日の健康観察。
・登室の際のマスクの着用。(着用の仕方についてはご家庭でもお子様とお話ください。)

※次の場合は利用料を日割りで減額することとしています。
(1) 茨木市学童保育室の入室児童の通う学童保育室が新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のために臨時休室をした場合
(2) 茨木市学童保育室の入室児童が、新型コロナウイルス感染症の陽性となり、欠席した場合
(3) 茨木市学童保育室の入室児童が新型コロナウイルス感染症の感染の疑い(後日PCR検査を受けた場合に限る。)があり学童保育室を欠席した場合
(4) 茨木市学童保育室の入室児童と同居の家族が新型コロナウイルス感染症の感染の疑い(後日PCR検査を受けた場合に限る。)があり登校及び登室を自粛した場合
(5) 家庭保育協力要請(期間を延長する場合は、その期間)に協力し、欠席した場合
(6) 茨木市学童保育室の入室児童と同居のきょうだいが利用する施設等が、新型コロナウイルス感染症により休園等したことで、当該児童も登室を自粛した場合

この記事に関するお問い合わせ先

茨木市 こども育成部 学童保育課〒567-8505
大阪府茨木市駅前三丁目8番13号 茨木市役所南館3階(23番窓口)
電話:072-620-1801
ファックス:072-622-8722 
E-mail gakudohoiku@city.ibaraki.lg.jp
学童保育課のメールフォームはこちらから