【開催報告】第2回 暫定広場の使い方を考えるオンラインワークショップを開催しました!

更新日:2021年12月15日

令和2年8月1日(土曜日)午前10時から、第2回暫定広場(※IBALAB広場)の使い方を考えるオンラインワークショップを開催しました!

※広場の全面開放に向け、今後、「IBALAB(イバラボ)@広場」と呼ぶことにしました!

 

今回はIBALAB@広場でやってみたいこと、それを実現させるための工夫について意見交換をしました。

「スポーツ・運動をする」「交流する・賑わいを生む」「食べる・飲む」「くつろぐ・人が立ち寄る・集まる」の4つのテーマについて、チームに分かれて話し合います。

テーマを絞ることで、広場を使っていくうえで必要となる、具体的な工夫の検討がされました。

中には、「写真展とスケボーがコラボする!」「おしゃれなゴミ箱を設置してきれいな広場を保つ!」などユニークな案も出てきました!

 

次回は、実際に暫定広場を見学して状況を把握し、ワークショップを行います。第2回で具体的な工夫が出されたものをさらに深く、実現できるものに検討していきます!

 

話し合いの内容については下記の画像をご覧ください!

第2回ワークショップニュース表
第2回ワークショップニュース裏
この記事に関するお問い合わせ先


茨木市 企画財政部 市民会館跡地活用推進課
〒567-8505 大阪府茨木市駅前三丁目8番13号 茨木市役所本館3階
電話:072-655-2757 
ファックス:072-623-3025
E-mail atochi@city.ibaraki.lg.jp
市民会館跡地活用推進課のメールフォームはこちらから