令和4年度 IBALAB@広場の活用及び運営体制の検証を行う社会実験を開始します!(募集は終了しました)

更新日:2022年04月19日

広場写真

2023年秋にオープンする新施設・広場「おにクル」整備後、第二期整備エリアとして予定する敷地C・Dにおいては、公園の質的向上をめざして、民間事業者による整備・運営を想定していますが、跡地エリア全体のコンセプトである「育てる広場」などの実現には、民間事業者と行政、市民等の間で、より一層の多様で活発な連携、協働といった、ソフト的な取組が必要と考えられます。
また、整備にあたり、募集の条件を整理するために、事業の実現性や収益性などの検証も引き続き必要とされます。
そこで、IBALAB@広場では、来年度も広場運営をお手伝いいただく市民・団体・事業者等を募集し、飲食事業等を行っていただきながら、様々な主体と連携し、広場の魅力向上を図る社会実験を実施します。
運営者には、備品の貸し出しや簡単な植栽の管理等、広場における管理運営業務の一部を担いながら、飲食(カフェ)などの収益事業や魅力的な自主企画等を企画、実施していただき、また、データを提供いただくことで、第二期整備に向けた検討材料とさせていだきます。

 

本事業は応募者から企画を提案していただき、もっとも優れた提案を行った者を選定するものとしています。

詳しくは、下記の募集要項をご覧ください。

 

(3月28日追記)

選定結果を追加掲載しました。

(4月19日追記)

審査講評を追加掲載しました。

審査講評

選定結果

募集スケジュール

公募期間

2022年2月25日(金曜日)から3月22日(火曜日)

審査日

2022年3月25日(金曜日)予定

審査結果通知

2022年3月28日(月曜日)予定

準備期間・実施期間

2022年4月15日(金曜日)から2023年3月31日(金曜日)まで

※上記の期間で準備を行い、原則として4月末までに開始してください。

参加資格

運営者において責任をもって飲食事業等を行えること。
企画から事業の実施・運営までを一貫して行えること。
売上げ、客数等を報告できること。また、社会実験における統計的なデータとして公表することに同意できること。
茨木市民(在住、在学、在勤)、茨木市に所在する団体、茨木市内に事業所がある事業者、もしくはこれらで構成されたグループであること。
茨木市暴力団排除条例(平成24年9月27日茨木市条例第31号)第2条に規定する暴力団、暴力団員及び暴力団密接関係者に該当する者でないこと。
地方自治法施行令第167条の4に該当する者でないこと。
市税を完納していること。
【自主事業等の要件】
・「育てる広場」や社会実験の趣旨に合致していること。
・公序良俗に反する事業内容でないこと。
・政党その他の政治団体等の政治活動、布教その他の宗教上の活動を目的としないこと。
 

参加申込

下記の提案書類に必要事項を記載し提出してください。

参加申込書【様式1】
実施計画書【様式2】
収支計画書【様式3】
これまで関わったイベント等のチラシ等の写し、写真、関わりの説明等(複数可、様式自由)

募集要項及び関係書類

質問等について

質問がある場合は、上記企画書提出期間内に、市民会館跡地活用推進課までメールにてお問合せください。なお、質問に対する回答は、ホームページに掲載します。

また、現地見学を希望される場合は、あらかじめご連絡いただければ、市民会館跡地活用推進課において対応いたします。

この記事に関するお問い合わせ先


茨木市 企画財政部 市民会館跡地活用推進課
〒567-8505 大阪府茨木市駅前三丁目8番13号 茨木市役所本館3階
電話:072-655-2757 
ファックス:072-623-3025
E-mail atochi@city.ibaraki.lg.jp
市民会館跡地活用推進課のメールフォームはこちらから