公園利活用の予定・取り組み

更新日:2022年09月21日

公園活用

魅力ある公園づくりに向けた利活用の促進

公園緑地課では、魅力ある公園づくりに向けて新たな利活用方法を検討するために、市民や市民活動団体・市関係課の協力ものと、様々な実験的な取り組みを行っています。

新たな活用方法やイベント等の開催など、市民や団体、民間事業者のアイデアや提案も随時承っていますので、公園の活用を検討されている場合は、公園緑地課までお気軽にご相談ください。

開催予定のイベントや取り組み

タイトル 日程 場所
茨木蚤の市

令和4年10月8日、9日

元茨木川緑地(市役所周辺)

IBALAB@広場ほか

ブックトラベル 令和4年10月23日

元茨木川緑地(市役所周辺)

IBALAB@広場ほか

デイキャンプ 令和4年10月下旬~12月の土日祝 元茨木川緑地(沢良宜公園周辺)
メインストリートにおける公共空間活用の社会実験

令和4年11月3日~30日

中央通り、東西通り

IBALAB@広場、東駅前公園ほか

各種イベント 随時 IBALAB@広場

※タイトルから関係ページを開くことが出来ます。

これまでの取り組み

 

ブランコ

<社会実験イベント>
元茨木川緑地で「モトイバ活用実験」を実施

令和3年12月5日(日曜日)、元茨木川緑地リ・デザインの一環として、青少年野外活動センターのキャンプカウンセラーによる活用実験が行われました。
緑地の広場を利用して、キャンプを題材にした活用や利用の可能性を探ってくれました。

”モトイバの緑地空間を活用しよう!”

キッズカーニバル

<社会実験イベント>
若園バラ園で「キッズカーニバル」を開催

令和3年11月13日(土曜日)、市民活動センター主催の「キッズカーニバル」が開催されました。
大学生によるダンスパフォーマンスや市民団体による工作コーナー等が出展され、秋のバラ園が親子連れでにぎわいました。

モトイバ社会実験

<社会実験イベント>
元茨木川緑地で「モトイバ活用実験」を実施

令和3年11月1日(月曜日)、元茨木川緑地リ・デザインの一環として、大阪府立大学の学生による活用実験が行われました。
屋外にアウトドアグッズを設置し、緑地での新しい過ごし方を提案してくれました。

”モトイバの使い方の可能性を広げよう!”

蚤の市

<社会実験イベント>
元茨木川緑地で「蚤の市」を開催

令和3年10月30日(土曜日)、31日(日曜日)の2日間、茨木市のまちづくり会社主催で「蚤の市」が催されました。
緑地の歩道沿いにお店が軒を連ね、元茨木川緑地が多くの人でにぎわいました。

茨木蚤の市を開催

ライトアップコンサート

<社会実験イベント>
若園バラ園で「ライトアップコンサート」を開催

令和3年10月16日(土曜日)、17日(日曜日)の2日間、夕方のバラ園で市民活動団体によるコンサートが行われました。
素敵な演奏とライトアップされた秋のバラが心地いい時間と空間を演出してくれました。

※令和2年度の同イベントが「公園・夢プラン対象2021 実現した夢部門」で入選されました。
https://yumeplan.prfj.or.jp/yumeplan21/jitsugen_04.html

R30810マルシェの様子

<社会実験イベント>
岩倉公園で茨木産野菜などを販売するマルシェが出店しました

令和3年8月から12月の毎週火曜日、茨木市北部地域で採れた野菜、市内事業者のパンやコーヒーなどを販売するマルシェが、岩倉公園に出店しました。
公園を訪れる親子や近隣住民の方々に「茨木産」を知っていただく機会になりました。

この記事に関するお問い合わせ先
茨木市 建設部 公園緑地課
〒567-8505
大阪府茨木市駅前三丁目8番13号 茨木市役所南館4階
電話:072-620-1654
建設部ファックス:072-625-3181 
E-mail koen@city.ibaraki.lg.jp
市公園緑地課のメールフォームはこちらから