大規模災害に伴う避難施設の設置運営に関する協定について

 

 平成24年1月11日に茨木市と茨木市高齢者サービス事業所連絡会との間において、大規模災害発生により、避難所での生活が困難な要配慮高齢者を連絡会会員の介護保険サービス施設で受け入れ、要配慮者がより安全で安心した避難生活を送れるよう支援することを目的に「大規模災害に伴う避難施設の設置運営に関する協定」を締結しています。

  • 連絡会の会員のうち避難施設の設置に協力できる会員は、事前に避難施設の設置届を連絡会に提出し、連絡会は、受入可能な施設、人数を把握します。
  • 避難所での生活が困難な要援護者が生じた場合、市は連絡会と協議の上、協力の申し出のあった受入施設に入所できるよう手配します。

 平成29年2月現在、介護保険サービス施設65か所から協力申し出がありますが、今後も、受入施設の拡大や本協定を実効性あるものとするため、連絡会と協議していきます。

 

関連ページ

この記事に関するお問い合わせ先

茨木市 健康医療部 長寿介護課
〒567-8505
大阪府茨木市駅前三丁目8番13号
茨木市役所本館2階(14番-①・②窓口)
電話:072-620-1637・1639
ファックス:072-622-5950 
E-mail kaigohoken@city.ibaraki.lg.jp
長寿介護課のメールフォームはこちらから