マスクをつけられない方へのご理解をお願いします

更新日:2022年03月23日

マスクをつけたくてもつけられない人がいます

新型コロナウイルス感染症の影響によって、マスクの着用が新しい生活様式として定着する中で、マスクをつけたくてもつけられない人がいます。

 

脳の障害や皮膚の病気、感覚過敏など、様々な理由でマスクをつけると肌に痛みを感じたり、気分が悪くなったり、体に異変が生じてしまう人たちです。周囲からは、わがままと誤解されたり、厳しい視線を向けられてしまうことがあります。

 

マスクをつけていない人を見たら、まずは「何か事情があるのかも知れない」と想像してみてください。私たちの周りには障害や症状があってマスクをつけられない人がいることを知り、その特性や事情を理解し、お互いに思いやりの心を持って過ごしましょう。

 

障害や知覚過敏などでマスクをつけられない人は、「マスクをつけられません」と周囲にお知らせをする意思表示カード等を携帯し、理解してもらえるように工夫をする方法があります。意思表示カード等は、インターネット上でダウンロードできるものがありますので、ご活用ください。

この記事に関するお問い合わせ先


茨木市 福祉部 障害福祉課
〒567-8505
大阪府茨木市駅前三丁目8番13号
茨木市役所南館2階(17番窓口)
電話:072-620-1636
ファックス:072-627-1692 
E-mail syogaifukushi@city.ibaraki.lg.jp
障害福祉課のメールフォームはこちらから