介護予防・日常生活支援総合事業

茨木市では平成28年4月から「介護予防・日常生活支援総合事業(以下、総合事業)」を開始しています。

総合事業とは

高齢者が地域で自立した日常生活を送ることができるよう、茨木市が実施する介護予防を目的とした事業です。

今まで全国一律の基準で実施されていた介護保険制度の予防給付のうちの「介護予防訪問介護(ホームヘルプサービス)」と「介護予防通所介護(デイサービス)」を市町村の事業に移行するものです。

それにより、市町村が主体となって、地域の実情に応じた住民主体の取り組みを含めた多様主体による柔軟な取り組みを、効果的かつ効率的にサービスを提供できるように見直すものです。

 

新しいサービスが増えたことにより、一人ひとりの心身の状態に応じた自立を目指す介護予防サービスが選べるようになりました。ぜひ活用し、状態の維持・改善に取り組みましょう。

訪問型・通所型サービス事業所リストについて

茨木市ホームページのトップ画面に表示されております「いばらき ほっとナビ」の「介護」のページからも検索できます。

平成31年4月~コミュニティデイハウスが増えました。

下記一覧をご確認ください。

↓以下は介護事業者向け情報です↓

 


【 注意 】 平成30年3月31日でみなし指定は終了しました。

市外利用者を継続して受け入れる場合は、各々の市町村の独自指定を取る必要があります。

※ 詳細につきましては、以下の「福祉指導監査課」へお問い合わせください。

 

事業者の指定等に関することは、こちらの「福祉指導監査課」のページをご覧ください。

説明会について

サービスコードについて

みなし指定終了に伴い、平成30年3月31日でA1およびA5は終了しました。

平成30年4月1日より、従前(介護予防)相当の訪問型・通所型サービスにおいては、予定回数より利用実績が少なかった場合の回数払いを追加しました。(詳細は平成30年3月27日説明会資料をご覧ください)

 

 

 

  • 「訪問型サービス」は、A2(独自)から始まるもの
  • 「通所型サービス」は、A6(独自)から始まるもの
  • 「訪問型サービスA」は、A4(独自・定額)から始まるもの

平成31年3月末で訪問型サービスのサービス提供責任者の減算が廃止になりました。

平成30年12月1日より訪問型サービスAが月10回まで利用可能になり、それに伴うサービスコードの修正を行いました。(以前のコードでは、月8回までしか入力できません)

平成30年4月1日より、A6に「要支援2で通所型サービスを週1回程度利用の方」用の新しいサービスコードが増えました。

 


 

総合事業費の過誤申立について

「茨木市 総合事業費 過誤申立書」の届出は、国民健康保険団体連合会(国保連)が審査決定済み、もしくは確定した総合事業費の請求内容に誤りや修正があった場合、事業所ごとに過誤申立を茨木市(長寿介護課)へ依頼するものです。

以下の「茨木市 総合事業費 過誤申立書」を印刷またはダウンロードして、長寿介護課へご提出ください。

 

【 注意事項 】

・ファックスでの受付はいたしません。

・国保連合会から、返戻・保留になっていないことを確認してからご提出ください。

・事業者番号ごとに作成し、被保険者番号・サービス提供年月等、間違いのないよう記載してください。

・Hで始まる被保険者番号の過誤は、生活福祉課での取扱いとなります。

・総合事業サービス費を誤って介護予防サービス費で請求した場合の過誤は、「介護給付費過誤申立書」をご提出ください。(介護保険関連申請書ダウンロード>その他)

 

この記事に関するお問い合わせ先

茨木市 健康福祉部 長寿介護課
〒567-8505
大阪府茨木市駅前三丁目8番13号
茨木市役所本館2階(14番-①・②窓口)
電話:072-620-1637・1639
ファックス:072-622-5950 
E-mail kaigohoken@city.ibaraki.lg.jp
長寿介護課のメールフォームはこちらから