バラの巻き寿司(茨木巻き)といなり寿司をご紹介!

バラの巻きずし&いなり寿司

↑クリックすると動画が再生されます↑

茨木の花である「バラ」をイメージした巻き寿司(茨木巻き)と、いなり寿司を一緒に作るレシピをご紹介します。

あっさりしたやさしい味で、彩りも鮮やか。何個でもペロリです!
ぜひご家庭で作ってみてください!

材料(4~5人分)

材料

左:巻き寿司の材料
右:いなり寿司の材料

材料

すし飯の材料と道具

すし飯

米・・・・・3合
水・・・・・540cc
酒・・・・・大さじ1
こんぶ・・・5センチメートル角(なしでも可)
酢・・・・・75cc
砂糖・・・・大さじ3
塩・・・・・小さじ1と1/2

バラの巻き寿司(茨木巻き)

鮭フレーク・・・・・・・・・・40g
紅生姜(みじん切り)・・・・・30g
 (見山の郷の紅生姜など、薄味のものがおススメ)
ほうれん草・・・・・・・・・・100g
しょうゆ・・・・・・・・・・・小さじ1/2
卵・・・・・・・・・・・・・・4個
砂糖・・・・・・・・・・・・・小さじ1×4
塩・・・・・・・・・・・・・・少々
サラダ油・・・・・・・・・・・大さじ1
焼きのり・・・・・・・・・・・3枚

いなり寿司

いりごま(白)・・・・・・・・大さじ1
しそ・・・・・・・・・・・・・5枚
すし揚げ(油揚げ)・・・・・・4~5枚
 (市販の加工済のものでも可)
★だし・・・・・・・・・・・・3カップ
 (だしパック等市販のものでも可)
★砂糖・・・・・・・・・・・・大さじ2
★みりん・・・・・・・・・・・大さじ1
★しょうゆ・・・・・・・・・・大さじ1と1/2

作り方

ご飯を炊く

1. こんぶとお酒、水を入れてご飯を炊く。

合わせ酢

2. 酢・砂糖・塩を小鍋で火にかけて溶かし、合わせ酢を作る。

すし飯

3. ご飯が炊けたら合わせ酢をかけて混ぜ合わせ、うちわなどであおいで冷ます。

薄焼き卵

4. 卵1個に対して砂糖(小さじ1)と塩(ひとつまみ)を入れ、油を引いて薄焼き卵を4枚作る。

ほうれん草

5. ゆがいたほうれん草を水で冷まし水気を切ったら、醤油を振りかけ、6等分する。

すし揚げ

6. いなり寿司用のあげを作る
・すし揚げを半分に切って袋を開く。
・熱湯をかけて油抜きをする。
・水気を切り、★を入れて約5分煮込む(途中でうら返す)。

切りごま

7. いりごまは切りごまに。

しそ

8. しそはヘタを取ってせん切りにする。

すし飯の分け方

9. すし飯が冷めたら、写真のバラすし用といなり寿司用に分ける。
(いなり寿司は全体の1/3強)

いなり寿司用ご飯

10. いなり寿司用ご飯を取り、ごまとしそを混ぜ合わせる。

鮭フレーク入りご飯

11. バラ寿司の中心用すし飯に鮭フレークを混ぜ合わせ、4等分に。
紅生姜も4等分しておく。

卵巻き

12. 巻き簾(なければラップ)に薄焼き卵を1枚置き、鮭フレークを混ぜ合わせたすし飯と紅生姜を1/4ずつ広げ、きっちりと巻く。

卵巻き

13. 再度、巻き簾に薄焼き卵を1枚置き、鮭フレークを混ぜ合わせたすし飯と紅生姜を1/4ずつ広げ、先ほど作った卵巻きを芯にして、しっかりと巻く。(2本作る)

焼きのり

14. 焼きのり1枚を縦に3等分し、そのうち1枚をさらに2等分する。

バラ寿司

15. 巻き簾に焼きのりを縦長に置き、バラ寿司用のすし飯を広げる。(奥側は1.5cm程度あけておく)
奥側半分は3等分、手前側は2等分の位置に菜箸で溝を作る。

バラ寿司

16. 14でカットしたのり(大)を奥側の溝に、のり(小)を手前側の溝に置き、菜箸で溝を押さえる。

バラ寿司

17. 作った溝にほうれん草の向きを互い違いに入れる。

バラすし

18. 13で作った卵巻きを載せ、具材をギュッと押さえながらしっかりと巻く。(2本作る)
※うまく巻けない場合は、予備ののりで継ぎ足す

バラ寿司

19. 適当な大きさに切り分けて紅生姜を散らせば、バラの巻き寿司の完成!

いなり寿司

20. 最後に、8~10個に分けて握ったいなり寿司用すし飯をすし揚げに詰めたら、いなり寿司の完成!

お皿に盛り付け

21. お皿に盛り付けて召し上がれ♪

このレシピの紹介者

 

入交先生
府立茨木高校 入交 享子さん

茨木高校で家庭科の教員として21年過ごされ、大阪府で女性として初の指導教諭も担当されました。

地元の公的機関・NPO・大学・企業と連携した授業を展開し、自身も「宙いもプロジェクト」「いばらき元気隊」「子育ち食育実行委員会」など多数のプロジェクトにメンバーとして参加。
市民の健康を願い、「食」を通したまちづくりなど、幅広い活動をされています。

メッセージ

「巻き寿司⁈難しそう!」「⼤変や~!」って思っていませんか?
1回チャレンジすれば2回3回とやってみたくなります。
パクっと一口の中に、ご飯、おかず(卵・野菜)海苔(ミネラル)が入っているなんて・・・💕
バラに見えれば、どんな材料でも⼤丈夫。
卵もいつものフライパンで焼いても、スクランブルエッグでもOK!ほうれん草も胡瓜でもグー!
工夫して皆さんのオリジナルバラの巻きずしでハレの日を演出しましょう。

このバラの巻き寿司が、「茨⽊巻き」として茨⽊の郷⼟料理になれば嬉しいです。
ぜひご家庭で作ってみてください!

お問い合わせ先
茨木市 企画財政部 まち魅力発信課
〒567-8505
大阪府茨木市駅前三丁目8番13号 茨木市役所本館3階
電話:072-620-1602 
E-mail machimiryoku@city.ibaraki.lg.jp
まち魅力発信課のメールフォームはこちらから