7月19日 東雲中学校の生徒がオーストラリアの中学生とオンライン交流

〇×クイズに答える生徒たちの様子

19日、東雲中学校(学園南町21-7)の1年生17人とオーストラリアニューサウスウェールズ州のフランシス・グリーンウェイ・ハイスクールの7年生(中学1年生)約26人がZoomを使ってオンライン交流を行いました。

東京オリンピック・パラリンピックホストタウン事業の一環として行われたこの取組み。オーストラリアの文化・特徴を知ることや英語にもっと興味を持ってもらうこと、意思疎通の大切さや喜びを経験してもらうことなどを目的に昨年12月に初めて交流し、今回で2回目となります。

あらかじめメールで送った生徒の名前や趣味、特技などをもとに、当日は英語による名前当てクイズゲームを行いました。名前が当てられると教室中に拍手がおこり、当てた側のフランシス・グリーンウェイ・ハイスクールの生徒もガッツポーズをして喜んでいました。その後、同スクールの生徒からオーストラリアの文化についてのクイズが出題され、○×カードをあげて解答した生徒たちは、オーストラリアの意外な文化を知って「へぇ!」と驚く場面も。

参加した生徒は「自分の英語が相手に伝わって嬉しかったです。もっと英語を勉強して、長く会話できるようになりたいです」「オーストラリアの文化を知るいい機会になりました。東京オリンピックでホッケーオーストラリア代表にも注目しようと思います」と話しました。