10月27日 めざせ、未来の科学者! 第5回茨木市相馬芳枝科学賞表彰式を開催

相馬賞トロフィーを相馬芳枝さんから受け取る西村さん
相馬芳枝さん
実験ブースで楽しむ親子

27日、クリエイトセンター(駅前四丁目6-16)で、第5回茨木市相馬芳枝科学賞の表彰式を行いました。この賞は、国際学術機関が世界で優れた業績をあげた女性化学者を顕彰する「女性化学賞」を日本人で唯一受賞され、本市の市民栄誉賞受賞者でもある相馬芳枝さんの名を冠して平成26年に創設した賞で、小・中学生に科学への興味をより持ってもらい、「未来の相馬さんの誕生」を期待して設けられたものです。

今回は、市内小・中学生の自由研究130点の中から12点の優秀作品が選ばれました。最優秀賞である「相馬賞」に選ばれたのは「土埋め方による骨格標本作成と分解者について」をテーマに研究発表を行った、天王中学校1年生の西村 希さん。「相馬賞に選ばれて、とてもうれしいです。これからもこの研究を進めていきたいと思います」と、誇らしげに話しました。

「受賞作品はもちろん、ほかの作品からも、科学に対する強い情熱を感じ、圧倒される思いでした。皆さんには才能があります」といった相馬さんによる総評に、子どもたちは目を輝かせて聞き入っていました。

また会場には、翌28日まで、受賞作品以外の自由研究作品や、地域や周辺の高校・大学、企業などによる科学実験ブースも立ち並び、来場した子どもたちにとって科学と存分に触れ合う2日間となりました。