10月23日 清溪小学校の児童たちがサツマイモ掘りを実施

芋掘り風景1
芋ほり風景2
芋ほり風景3

 23日、清溪小学校(大字泉原857)の児童たちが、校内のサツマイモ畑でイモ掘りを行いました。毎年恒例の行事で、今年も5月に児童たちが苗を植え、大事に育ててきました。

 今夏は猛暑の上少雨だったため、イモの生育状況が心配されましたが、児童たちは次々と大きなサツマイモを掘り出し、「これはジャガイモみたいに丸いね」「バナナみたいな形だ」などと、歓声を上げながらイモ掘りを楽しんでいました。

 今回掘ったイモは、 11月20日に焼きイモ大会を行い、みんなで秋の味覚を楽しむ予定です。

 児童たちは「今年のイモは大きく、量も多かった」「今から焼きイモ大会が楽しみ」と、イモ掘りを満喫した様子でした。