12月20日 佐竹食品から市内障害者施設にみかん・クリスマスケーキの寄贈

市からの感謝状を受け取る梅原一嘉さんの写真
障害者施設の方たちがみかん箱を手渡しされている写真
クリスマスケーキとお盆に山積みのみかんが並べられた写真

20日、市役所で、佐竹食品から市内障害者施設にみかんとクリスマスケーキ、ノンアルコールのシャンパンの寄贈があり、市から感謝状の贈呈を行いました。
 同社から市内50の障害者施設に送られたのは、10キロ入りのみかんが114箱、クリスマスケーキとノンアルコールのシャンパンで合計1017人分。同社は社会福祉に貢献できる活動が行えればと施設等への寄贈を行っており、本市にも平成21年から、夏にスイカ、冬にみかんとクリスマスケーキを福祉施設に寄贈しています。
 佐竹食品の代表取締役社長梅原一嘉さんは、「これからクリスマス・忘年会等もあるので、おいしいみかんとケーキを食べて、元気に年を越してもらえれば嬉しいです」と話していました。