寒さによる水道管の凍結・破裂にご注意を

マイナス4度は危険信号!”水道管にも防寒を”

気温がマイナス4度以下、または日陰や風当たりの強い所はマイナス1~2度以下が数日続くと、凍ったり破裂したりすることがあります。

凍結の防ぎ方

水道管や蛇口に保温材(毛布や布)を巻き、さらにビニールテープを巻き付けて固定してください。また、水道管内の水が常に流れている状態であれば凍結しにくくなりますので、蛇口から少量の水を出しておくことで予防できる場合もあります。ただし、出した分の水については水道料金がかかりますのでご注意ください。

水道管が凍結し、水が出ないとき

屋外などの蛇口が凍結して水が出ない場合

気温の上昇により、自然に解凍するのを待つか、凍った部分にタオルをかぶせ、ぬるま湯をゆっくりかけて溶かしてください。水が出るようになったら、今後凍らないよう防寒対策を併せてお願いします。

どこで凍結しているかわからない場合

気温の上昇により、自然に解凍するのを待つようにしてください。水が出るようになったら、今後凍らないよう防寒対策を併せてお願いします。

給湯器からお湯が出ない場合

給湯器への配管が凍結している可能性があります。気温の上昇により、自然に解凍するのを待つようにしてください。水が出るようになったら、今後凍らないよう防寒対策を併せてお願いします。

水道管の凍結が復旧した際は、漏水の有無の確認をお願いします。

漏水の確認方法は

をご覧ください。

水道管が破裂したとき

水道管が破裂したときには、止水栓を閉めてから、指定給水装置工事事業者に修理を申し込んでください。

平日の夜間、土曜日・日曜日および祝日の修理は、水道工事業協同組合 修理班

(電話:072-626-2300)へご相談ください。

この記事に関するお問い合わせ先
茨木市 水道部 工務課
〒567-0888
大阪府茨木市駅前四丁目7番55号 福祉文化会館内
電話:072-620-1692
水道部ファックス:072-623-1918
E-mail suidokomu@city.ibaraki.lg.jp
水道部工務課のメールフォームはこちらから