みどりのカーテン市民モニターを募集します

みどりのカーテンとは

つる性植物を窓や壁の外側にカーテンのように生育させることで、日差しを和らげたり、葉から出る水蒸気(蒸散作用)で室内の温度上昇を防いだりするものです。

その結果エアコンなどの使用を控え、電気使用量を減らすことにつながるとされ、家庭などで簡単に取り組める、ヒートアイランド現象や地球温暖化への対策として注目されています。

みどりのカーテンの写真

モニター募集内容

内容

みどりのカーテンの育生に取り組み、観察記録を提出する。

市民:ゴーヤ3株とミニメロン1株を配布

事業所・団体等:ゴーヤ8株とミニメロン2株を配布

対象者

以下の1から3全てに該当する方

1.ゴーヤを育てるスペース(北側以外)がある
2.観察記録表の提出に協力できる
3.説明会に参加できる
  日時:平成29年4月28日(金曜日)
    午前9時30分~午前11時
    午後4時~午後5時30分のどちらか
  場所:市役所南館10階大会議室

定員

市民50人、事業所等8団体(未経験者優先)

申し込み

電話で環境政策課へ申し込んでください。

電話:072-620-1644

一時保育をご希望の方は4月20日(木曜日)までに申し込んでください。

その他

説明会には今年度モニターをされる方だけでなく、どなたでも参加していただけます。

説明会のみ参加希望の人も電話でご予約ください。

この記事に関するお問い合わせ先
茨木市 産業環境部 環境政策課
〒567-8505
大阪府茨木市駅前三丁目8番13号
茨木市役所本館2階(15番窓口)
電話:072-620-1644
産業環境部ファックス:072-627-0289
E-mail kankyoseisaku@city.ibaraki.lg.jp
環境政策課のメールフォームはこちらから