男性の育児休業取得について ~育児休業を取得している本市男性職員に聴く~

平成28年8月24日水曜日
午前8時45分~9時45分 

対談要旨

育児休業を取得している男性職員3人と「男性の育児休業取得」について懇談を行いました。

椅子に腰掛け話す茨木市長と、男性職員3人

まとめ

  • (3人の共通点)上の子の面倒を見ながら赤ちゃんのお世話と家事をするために育休を取得
  • (3人の共通点)管理職に理解があった
  • (3人の共通点)そもそも家事をしていた
  • 仕事と育児のバランスが大切ではないか
  • 仕事と育児を両立させるにあたっては、管理職になるタイミングと本人の意向が重要となるのではないか
  • 管理職になる、ならないを含め、さまざまな働き方が選択できるようになればいいのではないか 

対談内容

育児休業を取得するまで

福岡市長(以下、市長):今日は男性の育児休業(以下、育休)取得について聴くために、実際に取得されている皆さんに来ていただきました。

職員3人:よろしくお願いします。

市長:みなさんは育休を取得するのは何回目ですか。

職員3人:今回が初めてです。

市長:育休を取得するきっかけを教えてください。

職員A:出産後すぐは、妻も産褥期で家事も思うようにできませんし、上の子が小学生で学校があって、妻が実家に帰省して子育てすることができませんので、私が上の子の面倒をはじめ、家事全般をするために取得しました。

職員B:私の場合は、親が自営業をしているため、出産後のフルタイムのサポートを受けるのが難しく、上の子どもたちの面倒をみるために取得しました。

市長:育休期間中は給料が支給されない代わりに、手当金が支給されますが、現在の手当金についてどう思いますか。

職員C:手当金が支給されるのは、とてもありがたいです。支給されなくなると、厳しいですね。すぐに働ける状態になれるのなら良いのですが、保育所に入れなかった場合は休むしかなくなりますので。

市長:やはり保育所に入所できるかどうかが重要になってくるということですね。

職員C:保育所の入所の状況によって、いつまで育休をとるかが大きく左右されます。入所できるかどうか不安です。

市長:Aさんは育休からの復帰時期は、どういったところで判断しますか。

職員A:私の場合は、出産後の育児がある程度落ち着き、妻の体調が戻ってきたら復帰しようと思っていますので、今回の場合は、3か月限定で取得しました。育休の取り方について、手当金が現在は1歳までしか支給されませんが、それが2歳まで支給されるなら、1年目の授乳期は妻に育休をとってもらって、復帰のタイミングで保育所に入所できなかったら、2年目の離乳後は父親がとるという選択肢もできるので良いと思います。

市長:育休を取得するにあたって、抵抗とかはありましたか。

職員C:管理職に相談しましたら、背中を押してくれましたのでとることができました。ありがたかったです。今の時期が職場の繁忙期ではなかったことも良かったのかもしれません。私の場合、私と妻の両親ともにまだ働いていますので、平日のサポートが受けにくい状況です。妻は赤ちゃんの面倒に必死ですし、じゃあ上の子は誰が面倒をみるかといったら私になりますので、今は家事全般もやっています。育休をとらせてもらった以上、家事も頑張らないといけませんね。

市長:Cさんは、料理を作るのが上手なんですか。

職員C:いえいえ、レシピを確認しながら作っています。保存できるものを多く作るようにしています。

職員A:私は、妻が妊娠したときに、職場の上司に「来年、育休を取得したいと考えています。」と相談しました。その管理職は理解してくださいまして、「制度があるので、きっちり取得したらいいよ。」と言ってくれました。その言葉があったので、前年度から自分が担当していた仕事を後輩に教えることができて、準備を進めることができました。職場では、特に管理職の理解があったように思います。同僚の中では何人か理解してくれていない人がいるように感じます。

市長:Aさんもごはんを作っているんですか。

職員A:作っています。食事によって母乳の味が変わるため、美味しい母乳が良く出るように、妻にはパン食ではなく、ご飯や味噌汁がメインの和食を食べてもらうようにしています。子どもはいつも和食では嫌がるので子供用のメニューを別で作ったりもします。もともと料理は好きで、これまでも朝食は作っていましたが、三食とも作るとなるとさすがにレパートリーが足りなくなってきて、最近レシピを見ながらいろいろ勉強しています。

市長:Bさんはどうでしたか。

職員B:実は私自身は抵抗がありました。職場の体制、とくに人員配置の関係で、私が抜けてしまってもいいのかなと悩んでいました。でも、職場の管理職は「仕事は私たちがやるから、休んだらいいよ。」と言ってくれたので、とることができました。あと、人事課も私が育休をとることに驚いたりしませんでしたね。いろいろな人に「育休とるの?」って批判されるのかと思っていました。 

育児と仕事

市長:例えば、子どもが小さいときに家で仕事ができたら、育児と仕事がもっと両立できると思いますか。例えば、仕事を家で行うとか。

職員C:出産直後は難しいと思いますが、落ち着いてきたら、妻が2人の子どもの面倒を見ている間に、私が仕事をすることができると思います。

職員A:私の場合は、仕事の内容的に、市役所の外で仕事するのは難しいと思います。

職員B:子どもが夜9時には寝ますので、それ以降の時間に仕事をすることはできると思います。

市長:もし仮に、市役所内に保育所があればどうですか。

職員C:あれば非常に助かりますけど、周りの市民の目が気になりますね。

市長:子育てへのサポートのあり方については、どのように感じていますか。

職員A:いろんなパターンがあっていいと思います。共働きで子どもを保育所に預けるのもありですし、妻が専業主婦で、夫がしっかりと働いてくるのもありだと思います。そんないろんなパターンがある中で、どのパターンでも子育てがうまくできる仕組みがあればいいのではないかと思います。

市長:育休を取得するまでの職場での残業時間はどうでしたか。

職員B:私自身は少なかったです。

職員A:私の部署もそんなに残業はなかったですね。他の部署をみると、慢性的に残業しているところはありました。

職員C:私の部署は年度末は忙しいですね。それ以外の時期は、とくに残業はありません。

市長:育休を取得するまでにも家事はしていましたか。

職員3人:していました。

職員B:でもご飯をつくるときに、献立を考えるのが大変ですね。食べた後に、すぐに次の献立を考え始めるようにしています。

職員A:カレーでしたら3パターンできますよ。カレーライスにナン・カレー、それにカレーうどんができます。

市長:周りの友人などから民間企業での育休について、何か聞かれたことはありますか。

職員A:私のまわりの民間企業に勤めている友人の中では、取得した人はいないです。友人は私が育休を取得したことに驚いていました。

職員B:そうですよね。友人ではありませんが、私も病院の先生に驚かれました。でも、お父さんのサポートがあるのはいいですねと言われました。

 

椅子に腰掛け語る男性職員1人と、それを聞く市長と男性職員2人

管理職になること

市長:話は変わりますけど、管理職登用への第一歩となる主査試験についてはどう思いますか。茨木市では、主査のさらに先の係長職から管理職となり、残業代が出ないシステムとなっています。

職員A:私の職場の管理職は、主査試験を受けて当たり前という雰囲気がありました。

職員C:しんどい試験だと聞いています。残業代の関係で、主査の方が係長以上の管理職よりも給料が高くなると先輩職員に聞いたことがあります。

職員B:私は受けるか悩みますね。先輩職員からいろんな話を聞いていて、私の周りでは「受けたほうがいいよ」と言う人があまりいないです。そんなことを聞いていると、自分の中で、受けるメリットが見当たらないです。管理職になれば、呼び出されることが多いです。仕事だけでなく、地域清掃やいろんなことで呼び出されますので、子どもが大きくなれば私もしっかり務めたいと思いますが、小さい間は手もかかりますので、家でしっかりと子育てに専念したいです。仕事と育児のバランスについて、どうしたらいいのか悩んでいます。管理職にならずに、バリバリ仕事をしている先輩もいまして、そういう働き方もいいかなと。

職員C:私は今のところ、一応受ける予定にしています。管理職の方々を見ていると、決して楽な仕事ではなく、ものすごく負担がかかって、しんどいと思いますが、将来的なことを見据えれば、主査試験を受けてゆくゆくは管理職になっていかなければいけないのかなと思いました。主査試験を受ける頃に、仕事と子育ての両立ができるのかなと、今考えても大変そうだと思いました。

市長:主査試験や管理職登用の方法について思うところはありますか。

職員A:もっと早い時期に受けることができてもいいと思います。あと、庁内全体的に「主査試験は受けて当然」みたいな風潮になっていますが、それこそ働き方の選択で、いろいろな働き方があってもいいのではないでしょうか。性別に関係なく、自分の人生、生活を考えて、主査試験を受ける、受けないを周りに干渉されず、本人の意思で選択することができる職場環境になればいいなと思います。

職員B:私は管理職になる、ならないの意思表示ができればいいと思います。主査になって、ある日突然、人事異動で管理職になった先輩を何人か見てきて、「今のタイミングか。しかも、この部署か。」と漏らしている人もいました。自分が希望していない管理職にならないといけない状況があるのなら、管理職を希望しない人がいるのは仕方ないのかなと思いました。

職員A:今、Bさんが言っていたように、ライフプランの中で今は子育てに専念したいので、タイミングとしては難しいけれども、再来年になれば管理職になってもしっかり務められるといったことがあると思います。どこかのタイミングで管理職になれるかを聞いてもらえたらありがたいです。主査試験の場で確認してもいいですし、毎年人事課が実施している自己申告制度で「管理職になりたいか」の項目を設けてもいいと思います。

市長:本日は育休中でお忙しいところ、育休だけでなく、さまざまなテーマについて、貴重な「生」の声を聞かせていただき、ありがとうございました。これからも子育て頑張ってください。

3人:ありがとうございました。

カメラに向かい並んで立っている男性職員3人と市長