新元号への改元に便乗した消費者トラブルに注意!

平成31年4月30日の天皇陛下の御退位、5月1日の新元号への改元に関連し、
これに便乗した消費者トラブルが発生しています。

主な手口とアドバイス

「天皇陛下の退位を記念したアルバムを購入しないかと電話で勧誘された。」などの電話勧誘販売
  • 話を聞いてしまうと断りにくくなってしまうので、購入する意思がない場合は早いうちにきっぱり断りましょう
「注文していないのに、皇室に関するアルバムが届いた」などの送り付け商法
  • 注文や承諾していない商品が届いた場合は、代金を支払わず、受け取り拒否しましょう。
「改元などで法律が変わると、カードが使えなくなるという通知が実在する団体名で届き、口座情報や個人情報を記入してキャッシュカードとともに返送してしまった」などの、情報やカードをだまし取る特殊詐欺の手口
  • 元号が変わることでキャッシュカードが使えなくなることや、そのような通知が来ることは絶対にありません。電話も同じです。


また、今後も、改元に便乗した消費者トラブルや「アポ電(資産状況や家族構成などを聞き出そうとする電話)」などの特殊詐欺の手口の発生が予想されます。

不審な電話などにご注意ください。

不審な電話があれば、一旦電話を切り、消費生活センター(624-1999)茨木警察署へ相談してください。(消費者ホットラインは「188」)

茨木警察署の電話番号

072-622-1234

見守り新鮮情報324号(天皇陛下の退位に便乗した商法にご注意)
見守り新鮮情報333号(「アポ電」かも。知らない番号からの電話に出るのは危険です)
この記事に関するお問い合わせ先
茨木市消費生活センター
〒567-0888
大阪府茨木市駅前四丁目6番16号 市民総合センター内
電話:072-624-0799
ファックス:072-622-1878
消費生活相談 電話:072-624-1999
E-mail syohiseikatsu@city.ibaraki.lg.jp
消費生活センターのメールフォームはこちらから
(消費生活相談は詳しい状況をお聞かせいただく必要があり、メールでは十分な回答ができないため、受付はしていません)