熱中症に気をつけましょう!【災害時の熱中症対策】

熱中症に注意を!

これから夏にかけて、気温が急上昇します。家の片付け作業中や、避難している避難所、車の中等においても、気温の急上昇が予測されます。

職場や学校、スポーツの場だけでなく、夜間や屋内も含め子どもから高齢者まで幅広い年代で熱中症に注意が必要です!!

 

熱中症とは

気温や湿度が高いことなどにより体温の調節機能がうまく働かなくなり、体内熱がこもってしまい様々な症状が出る状態のことをいいます。

<熱中症の症状>

・軽症~中等症:めまい、立ちくらみ、大量の汗をかく、筋肉痛、頭痛、吐き気、嘔吐、倦怠感

・重症:意識がない、呼びかけに対し返事がおかしい、けいれん、まっすぐ歩けない・走れない

 

<対処方法>

・意識がある、反応が正常なとき

1.涼しい場所へ避難させる

2.衣服を脱がせ、体を冷やす(首、脇の下、太ももの付け根等)

3.水分・塩分を補給する(ただし、自力で水分を摂れない、症状が改善しない場合は救急隊を要請)

 

・意識がない、反応がおかしいとき

1.救急隊を要請

2.涼し場所へ避難させる

3.衣服を脱がせ、体を冷やす(首、脇の下、太ももの付け根等)

4.医療機関へ搬送する

 

 

熱中症を予防するには?

<熱中症の予防方法>

・水分をこまめに摂る

・部屋を涼しくする

・休憩をとる

・栄養をとる

・日傘、帽子を使用する

・風通しのよい服装を心がける

・日陰を利用する

・体調が悪い日は復旧作業等を行わない

・復旧作業等は、できるだけ2人以上で、お互いの体調を確認しながら行う

 

※熱中症は一人ひとりが正しい知識をもつことで、防ぐことができます。

お互いに声をかけ合い、熱中症を予防しましょう。

この記事に関するお問い合わせ先
茨木市 健康福祉部 保健医療課(保健医療センター)
〒567-0031
大阪府茨木市春日三丁目13番5号
電話:072-625-6685 
E-mail hokeniryo@city.ibaraki.lg.jp
保健医療課のメールフォームはこちらから