茨木市子ども・若者自立支援センター「くろす」

ここにはこころがある

自分だけの人生を“じぶんらしく”生きるために

あなたはいま「何を」「どんなふうに」なやんでいますか?

身近な人や社会とのつながり方は見えていますか?

痛みのない変化や成長が起きるための人や場所を探しているなら

一度「くろす」に来てみませんか?

まずはお電話で。

 

茨木市子ども・若者自立支援センター「くろす」

茨木市片桐町4-7

電話 072-646-5526(水・日・祝日は休所日、受付時間10時~18時)

Eメール poponga_cross@yahoo.co.jp

くろす移転先地図





【支援内容と利用料金】 利用者負担は1世帯につき、1か月あたり上限12,000円

相談(1回 50分) 3,000円(初回面談は無料)

学校に行けない。外に出られない。毎日がもやもやしている。
そんな様々なお悩みを解消するために、支援員がサポートします。
状態良く日々を過ごす方法を一緒に探しましょう。

訪問支援 同行支援 (1回50分) 市内在住:4,000円 市外在住:5,000円(交通費実費)

「くろす」のサービスを利用いただくために、外出するための準備や、方法について一緒に考えます 。あなたのペースで、無理のない外出を目指しましょう。

タイム・ラボ(居場所) 1回につき2,000円

毎週木曜日に居場所プログラム「タイム・ラボ」を展開しています。
多種多様なプログラムを通じて、遊び、学び、体感しながら、幸せな時間の過ごし方を見つけましょう。

グループカウンセリング 1回につき2,000円

「睡眠」や「コミュニケーション」、「ストレス・コントロール」など、安定した日常を送る上で必要なスキル、ノウハウを複数人でのカウンセリングを通じてお伝えします。

定着支援 ステップアップ支援 1回につき3,000円

変化し続ける社会の中で、長く安定して働き続けるために、職場でのお悩みや転職の相談も承っています。自分らしく働き続けるための方法を一緒に考えましょう。

就労支援 1回につき3,000円

あなたの「働きたい」という気持ちをサポートします。長い空白期間があっても大丈夫。自分らしく働くために、自分の強みや適職について一緒に考えていきましょう。

 

市民税非課税世帯・生活保護世帯・所得制限対象世帯等の方は「茨木市子ども・若者自立支援センター利用券」の交付申請を

茨木市に住民登録している

  1. 生活保護世帯
  2. 市民税非課税世帯
  3. 所得制限対象世帯(※下表所得制限額参照)
  4. 中国残留邦人支援給付受給世帯

のいずれかに該当する、おおむね40歳未満のひきこもり、ニート、不登校の状態にある本人とその保護者を対象に、利用料金を補助します。

利用の流れ

  1. 対象者からの申請により、茨木市子ども・若者自立支援センター利用券を交付します。
  2. 対象者は、茨木市子ども・若者自立支援センターで利用券を使用して、支援を受けることができます。

申請時の注意事項

本人と保護者がそれぞれに茨木市子ども・若者自立支援センターを利用する場合には、本人分と保護者分の申請書の提出が必要です。

おねがい

利用者が次のいずれかに該当した場合は、速やかに利用券交付資格消滅届を提出し、利用券を返却してください。

  1. 茨木市市外に転出したとき
  2. 死亡したとき
  3. 助成の対象者でなくなったとき
  4. 利用券の交付を受ける必要がなくなったとき

申請書と資格消滅届

※所得制限額

世帯の人数 所得制限額
1人

1,351,900円

2人

2,130,400円

3人

2,597,200円

4人

3,227,500円

5人

3,549,700円

6人以上

1人増すごとに5人世帯の金額に

455,400円を加算

この記事に関するお問い合わせ先
茨木市 こども育成部 こども政策課
〒567-8505
大阪府茨木市駅前三丁目8番13号 茨木市役所南館3階
電話:072-620-1625 
E-mail kodomoseisaku@city.ibaraki.lg.jp
こども政策課のメールフォームはこちらから
「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。