彩都(国際文化公園都市)の概要

彩都(国際文化公園都市)は、茨木市北部から箕面市東部にかけての丘陵地に位置し、茨木市の中心市街地から北方へ約5キロメートル、大阪都心部から北方へ約20キロメートルにあり、都心部から近いという好条件を備えています。

彩都の位置図

彩都は、西部地区(313ヘクタール)、中部地区(63ヘクタール)、東部地区(367ヘクタール)の3つの地区からなり、計画面積は、約743ヘクタール(うち茨木市域約579ヘクタール)となっています。
彩都の建設は、大阪府・茨木市・箕面市のほか、都市再生機構をはじめ、民間開発事業者や経済団体、大学、研究機関など、産学官が一致協力した取り組みを進めています。

彩都の建設にあたっては、周辺の自然と調和した良好な住宅地形成とあわせて、研究開発などの機能を組み込んだ複合機能都市の形成を目指しています。

彩都の完成イメージ図

彩都への主要な交通手段としては、国道171号の清水交差点から北上する府道茨木摂津線(都市計画道路茨木箕面丘陵線)が建設されており、平成23年7月からは清水高架橋が供用開始されています。
また、大阪モノレール彩都線が平成19年(2007年)3月に阪大病院前駅から彩都西駅まで延伸開業しております。
さらに平成23年7月から、彩都とJR・阪急茨木方面を結ぶバス路線が開設されています。

平成16年春にまちびらきをした西部地区には、市立彩都西小学校と市立彩都西中学校のほか、私立保育園が2つと私立幼稚園が1つあるほか、彩都西駅の隣には複合商業施設もあります。
また、平成24年4月には、彩都西コミュニティセンターと図書館分室が、平成26年10月には彩都西郵便局がオープンしています。

公園等については、小高い山を取り入れた自然豊かなあさぎ里山公園をはじめ、もず公園など4つの街区公園があるほか、平成24年6月には約5.2ヘクタールある彩都西公園がオープンしています。

あさぎ里山公園

また、シンボルゾーンであるライフサイエンスパークには、国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所や彩都バイオインキュベータなど、バイオや医薬等をはじめとする様々なライフサイエンス関連分野の研究・開発機能等を持つ研究所や企業が集まっています。

ライフサイエンスパーク航空写真

中部地区にアクセスする道路として、平成27年3月には大阪府が施工していた岩阪橋梁工事が完了し、平成27年11月には市道佐保26号線が、平成28年3月には市道福井宿久庄線と市道福井粟生間谷線(一部)の工事が完了し、供用開始されています。

現在では大半の土地で企業立地が決定しており、立地企業による建築工事が進捗しております。また、万代彩都物流センターやプロロジスパーク茨木など、すでに開設された企業施設もあります。

中部記念式典

東部地区については、平成25年1月に都市再生機構による土地区画整理事業の施行区域から除外されましたが、大阪府、茨木市、都市再生機構等の関係者と連携して、東部地区の事業化について検討を進めています。その結果、平成27年5月に、先行する2地区(中央東地区、山麓線エリア地区)において、民間事業者が土地区画整理事業の認可を取得し、工事着手しております。山麓線エリア地区においては、「資生堂」の進出や、阪急電鉄と三菱地所が、大規模物流施設開発計画を共同で推進することが予定されています。

また、残りのエリアについても事業化に向けての取り組みを進めており、平成27年11月に有識者の意見を聞きながら「彩都東部地区における土地利用の考え方(素案)及び土地利用ゾーニング(素案)」がとりまとめられています。さらに、平成28年1月には地権者が中心となって事業化に向けた検討をするための組織として「彩都東部地区地権者協議会」が設置されています。

先行2地区
この記事に関するお問い合わせ先
茨木市 都市整備部 北部整備推進課
〒567-8505
大阪府茨木市駅前三丁目8番13号 茨木市役所南館5階
電話:072-620-1609
都市整備部ファックス:072-620-1730 
E-mail hokubuseibi@city.ibaraki.lg.jp
北部整備推進課のメールフォームはこちらから