安威川ダムについて

茨木市を南北に流れる安威川に、昭和42年の集中豪雨を契機に、洪水調節、流水の正常な機能維持のための治水ダムを、平成33年度末完成を目指して大阪府がダム本体工事に着手しています。

この安威川ダムは、全国でもまれな都市型ダムで、周辺の豊かな自然環境と合わせ、ダム建設によって生まれる湖を生かした観光レクリエーションの拠点として、市民のみなさんに親しまれるダムの実現を目指しています。

引き続き、大阪府と連携を図りながら、ダム関連事業の整備や、ダム湖を含めた周辺整備の検討を進めていきます。

洪水調節

ダム地点の計画高水流量、毎秒850立方メートルの内毎秒690立方メートルの洪水調節

流水の正常な機能の維持

河川維持用水、農業既得用水の確保、環境改善容量の確保

安威川ダム完成イメージ図

完成イメージ図(下流から)
完成イメージ図(上流から)

全体事業費

1,314億円

ダム本体及び貯水池の諸元

位置

茨木市大字生保、大門寺、安威地先

型式

中央コア型ロックフィルダム

堤高

76.5メートル

堤頂長

337.5メートル

堤体積

222.5万立方メートル

集水面積

52.2平方キロメートル

湛水面積

0.81平方キロメートル

総貯水容量

1,800万立方メートル

治水容量

1,400万立方メートル

不特定利水容量

240万立方メートル

堆砂容量

160万立方メートル

補償の概要

一般補償

買収面積

約143ヘクタール
(ダム事業130ヘクタール、関連道路事業13ヘクタール)

移転家屋

69戸
(水没49戸、関連事業20戸)

公共補償

府道茨木亀岡線4.5キロメートル 他

特殊補償

漁業権、関西電力鉄塔

関連ページ

この記事に関するお問い合わせ先
茨木市 都市整備部 北部整備推進課
〒567-8505
大阪府茨木市駅前三丁目8番13号 茨木市役所南館5階
電話:072-620-1609
都市整備部ファックス:072-620-1730 
E-mail hokubuseibi@city.ibaraki.lg.jp
北部整備推進課のメールフォームはこちらから