たばこ

受動喫煙による健康影響

たばこの煙には、発がん物質等の有害な化学物質が多く含まれています。

喫煙者本人はもとより、その周囲の人に対して、急性心筋梗塞、肺がん、子どもの呼吸器感染症・ぜんそく等の病気を発症する危険性があり、健康に悪い影響を与えます。

特に、健康被害を受けやすい子ども、妊婦、健康に問題がある方等には、受動喫煙による健康影響が及ばないようにする必要があります。

たばこの煙には、たばこの先から出る副流煙と、喫煙者が吐き出す呼出煙があり、これらの煙を吸い込むことを受動喫煙といいます。

※加熱式たばこは副流煙は発生しませんが、呼出煙は発生します

資料提供型喫煙防止教育

内容

喫煙防止教育を実施する際、子どもたちが理解しやすい教材資料の貸出を行います。

対象

市内の小・中学校、保護者会、サークル等の市民団体

その他

貸出期間は、事前に調整をお願いします。

いばらき童子も禁煙を応援しています!

禁煙相談

禁煙したいがなかなかできない、続かないなどでお困りなかたはご相談ください。

この記事に関するお問い合わせ先
茨木市 健康福祉部 保健医療課(保健医療センター)
〒567-0031
大阪府茨木市春日三丁目13番5号
電話:072-625-6685 
E-mail hokeniryo@city.ibaraki.lg.jp
保健医療課のメールフォームはこちらから
「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。