風しんが流行しています!

ご注意ください

全国的に風しんが流行しています。

患者数の多くは30代から50代の男性が占めており、風しんの抗体価が低い人が2割程度存在していることが分かっています。

また、妊娠初期の妊婦が風しんウイルスに感染すると、胎児が風しんウイルスに感染し、難聴、心疾患、白内障などの障害が起こる先天性風しん症候群を発症することがあります。

そのため、30代から50代の男性や妊娠を希望する女性、妊婦の夫及びその他の同居家族で、明らかに風しんに罹ったことがある、風しんの予防接種を受けたことがある又は風しんに対する抗体が陽性であると確認ができている人以外は、任意接種となりますが風しんの予防接種を、受けていただきますようご検討をお願いいたします。

※妊娠中は風しんワクチン、MRワクチンの予防接種を受けることができません。

風しんとは

風しんは「風しんウイルス」によっておこる急性の発疹性感染症です。

風しんウイルスの感染経路は、飛沫感染でヒトからヒトへ感染します。

春先から初夏にかけて流行し、淡い色の赤い発疹・発熱・首の後ろのリンパ節が腫れるなどが主な症状として現れます。

大人がかかると、乳幼児に比べて一般に症状が重く、高熱が続いたり、関節痛の頻度が高いといわれています。

<感染を予防するために>

1. 外出後は手洗い・うがいをしましょう。

2. 急な発疹や発熱などの症状が現れたら、早めに医療機関を受診しましょう。

3. 受診の際はマスクを着用し、感染を広げないように注意しましょう。

4. 定期予防接種対象のお子さまは、確実に受けるようにしましょう。

 

定期予防接種対象年齢以外の人は、任意接種として自費で接種することができます。現在、茨木市は大人で風しん抗体検査の抗体価が低い人に対し、風しんワクチン等予防接種の費用助成を行っています。

 

大人の風しんワクチン等費用助成や、風しんについての詳しい情報は下記リンクへ

ぜひ、ご一読ください。

この記事に関するお問い合わせ先
茨木市 健康福祉部 保健医療課(こども健康センター)
〒567-0031
大阪府茨木市春日三丁目13番5号
電話:072-621-5901
ファックス:072-621-5011
E-mail kodomokn@city.ibaraki.lg.jp
こども健康センターのメールフォームはこちらから