算定方法

保険料の決め方

 その年度に予測される医療費から、国などからの補助金・病院などで支払う自己負担金などを差し引いた分が保険料の総額となります。それを、所得割(世帯の所得に応じて計算)・均等割(世帯の加入数に応じて計算)・平等割(1世帯に対して計算)の3項目に割り振り、世帯ごとに保険料が決まります。
・所得割額の算定は、平成27年中の所得により決まります。
・均等割額は被保険者数に応じて負担していただきます。
・平等割額は人数にかかわらず世帯ごとに負担していただきます。

 また、国民健康保険料は、「医療保険分」・「後期高齢者支援金分」・「介護保険分(40歳から64歳までのかた)」の合計となります。
後期高齢者支援金とは、後期高齢者医療制度を支える現役世代の負担を明確にするためのもので、後期高齢者医療制度の財源負担割合は約4割です。これは国民健康保険だけでなく、社会保険などすべての医療保険者が同様に負担することとなります。

保険料の算定方法

平成28年度保険料率(毎年6月に確定します)

【 医療保険分 】

所得割額=賦課対象所得額 × 100分の7.75
均等割額=29,020 円 × 被保険者数
平等割額=1世帯につき  21,390 円

【 後期高齢者支援金分 】
所得割額=
賦課対象所得額 × 100分の2.41
・均等割額= 9,220 円 × 被保険者数
平等割額=1世帯につき  6,800 円

 【 介護保険分 】 40歳~64歳までのかた (第2号被保険者)
所得割割=
第2号被保険者の賦課対象所得額 × 100分の2.24
均等割額=10,710 円 × 第2号被保険者数
平等割額=第2号被保険者の1世帯につき 5,570 円

(所得割額は、平成27年中の所得に基づき計算します)

 【 保険料の試算 】
 下のリンクよりダウンロードしたエクセルシートに前年所得等の情報を入力してください。
 算出結果についてはあくまで試算です。年齢や所得の条件によっては正確な料金が算出できない場合があります。詳しくは保険年金課までお問い合わせください。

賦課限度額

世帯の年間保険料合計額が、賦課限度額を超えた場合は、その限度額で打ちきりとなります。平成28年度保険料賦課限度額は、医療保険分54万円、後期高齢者支援金分19万円、介護保険分16万円です。

賦課対象所得額(所得金額-基礎控除33万円)

賦課対象所得額は、国保被保険者それぞれについて、地方税法に基づき算出される次の1~3の合計額から33万円を差し引いた額を合算した額です。

1 総所得金額(給与所得、事業所得、不動産所得、雑所得(公的年金含む)など)
2 山林所得金額
3 他の所得と区分して計算される所得の金額(分離課税の土地・建物等の譲渡所得、申告をした分離課税の株式等の譲渡所得など)

雑損失の繰越控除は適用されません。
・退職所得金額は賦課対象所得とはなりません。
・遺族年金、障害年金、雇用保険の失業等給付などの非課税所得は賦課対象所得とはなりません。

保険料計算例(介護分が賦課されない40歳未満のみの世帯)

 国保に加入している人数が2人(40歳未満)で前年中の賦課対象所得額が2,000,000円の場合

(医療保険分)
所得割額:2,000,000円×100分の7.75=155,000円
均等割額:29,020円×2人=58,040円
平等割額:1世帯につき 21,390円
医療保険分=234,430円

(後期高齢者支援金分)
所得割額:2,000,000円×100分の2.41=48,200円
均等割額:9,220円×2人=18,440円
平等割額:1世帯につき6,800円
後期高齢者支援金分=73,440円

平成28年度年間保険料:234,430円+73,440円=307,870円

保険料は、月単位で計算します

  • 年度途中の加入脱退は、月割りで計算します。また、届け出が遅れた場合は加入しなければならない日まで遡り(最大2年間)、保険料を納付しなければなりません。

(例)
Q.職場の健康保険を昨年の9月20日に辞めたにもかかわらず、他の健康保険に加入しないで、今日、国保に加入申し込みをした時。

A.昨年の9月分から届出日までの保険料を請求します。ただし、その間の保険給付は、受けることができません。(届け出は必ず14日以内に)

 

 

この記事に関するお問い合わせ先
茨木市 健康福祉部 保険年金課
〒567-8505
大阪府茨木市駅前三丁目8番13号
茨木市役所本館1階(7番窓口)
電話:072-620-1631 
ファックス:072-624-2109 
E-mail kokuhonenkin@city.ibaraki.lg.jp
保険年金課のメールフォームはこちらから