コミュニティソーシャルワーカー(CSW)

コミュニティソーシャルワーカー(CSW)とは

 高齢者、障害者、ひとり親家庭など社会的援護が必要な方(要援護者)やその家族が、住み慣れた地域で安心して暮らすことができるよう、ともに支え合う地域社会の実現に向け、地域福祉のコーディネーターとしてコミュニティソーシャルワーカー(CSW)を、市内14か所に配置しており、それぞれ2~3の小学校区を担当地域として受け持っています。

コミュニティソーシャルワーカー(CSW)の役割

  1. 高齢者、障害者、ひとり親家庭など援護を要する方の地域での生活を支えるネットワークの構築
  2. 要援護者に対する見守り、相談、適切なサービスへのつなぎ
  3. 地域住民活動の手助け
  4. 行政への情報提供

相談したいときには

 コミュニティソーシャルワーカー(CSW)は、高齢者・障害者・児童・ひとり親家庭をはじめ、「どこに相談すればいいのかわからない」、「利用しているサービスのことで悩んでいる」などの相談に応じます。
 また、要援護者からの相談を受けた民生委員、地区福祉委員や自治会などからの相談にも応じます。
 コミュニティソーシャルワーカー(CSW)だけでは解決できない問題は、専門機関や適切なサービスにつなぎます。また、相談料は無料です。

こんな活動をしています

コミュニティソーシャルワーカー(CSW)がどんな活動をしているのかを知っていただくために、茨木市コミュニティソーシャルワーク協議会の周知部会が中心となって作成しました。

 写真やイラストも多く用い、わかりやすい冊子になるよう工夫しています。ぜひご覧ください。

この記事に関するお問い合わせ先


茨木市 健康福祉部 相談支援課
〒567-8505
大阪府茨木市駅前三丁目8番13号
茨木市役所南館2階(16番窓口)
電話:072-655-2758
ファックス:072-620-1720
E-mail soudanshien@city.ibaraki.lg.jp
相談支援課のメールフォームはこちらから