現在の場所
更新日:2014年4月1日

手当・年金・給付金など

特別児童扶養手当

・機関:国

・年齢要件:20歳未満

・受給者:養育者

・支給要件
身体障害・知的障害または精神障害のある20歳未満の児童を監護している父母もしくは父母にかわって児童を養育する人に支給されます。障害認定があり、障害の程度は、国民年金法の1級、2級の障害程度に相当するものです。

・手当額
障害児1人につき(月額)
重度 49,900円
中度 33,230円

平成26年8月支払分より上記金額が適用されます。

・申請先:障害福祉課

ページの先頭へもどる

特別障害者手当

・機関:国

・年齢要件:20歳以上

・受給者:本人

・支給要件
身体・知的・精神に著しく重度で永続する障害があり、日常生活において常時特別の介護を必要とする在宅の20歳以上の方に支給されます。
詳しくは、障害福祉課にお問い合わせください。

・手当額:月額 26,000円

平成26年5月支払分より上記金額が適用されます。

・申請先:障害福祉課

ページの先頭へもどる

障害児福祉手当

    ・機関:国

    ・年齢要件:20歳未満

    ・受給者:本人

    ・支給要件
    身体障害者手帳1級または2級の一部、あるいは療育手帳Aのうち最重度等の20歳未満の児童で日常生活において常時介護を必要とされる方に支給されます。

    ・手当額:月額 14,140円

    平成26年5月支払分より上記金額が適用されます。

    ・申請先:障害福祉課

ページの先頭へもどる

大阪府重度障害者介護手当

    ・機関:大阪府

    ・年齢要件:なし

   ・ 受給者:介護者

    ・支給要件
   在宅の重度の身体障害(1・2級)と重度の知的障害(療育手帳A)を併せもつ重度障害者(児)と同居している介護者に支給されます。(大阪府下に在住のこと)(特別障害者手当と重複受給はできません)

    ・手当額:月額 10,000円

    ・申請先:障害福祉課

ページの先頭へもどる

茨木市身体障害者(児)及び知的障害者(児)福祉金

    ・機関:茨木市

    ・年齢要件:支給要件参照

    ・支給要件
    <18歳未満>
    身体障害者手帳1~6級または療育手帳A、B1、B2の方
    <18歳以上>
    身体障害者手帳1~4級、療育手帳A、B1の方
    <次に該当するときは支給されません>
    ・世帯の生計中心者の前年の所得が一定額以上あるとき
    ・本市に住民登録をして1年未満の方

    ・手当額
    <18歳未満>
    身体障害者手帳1・2級または療育手帳Aの方 年額 17,500円
    身体障害者手帳3・4級または療育手帳B1の方 年額 12,000円
    身体障害者手帳5・6級または療育手帳B2の方 年額 8,500円
    <18歳以上>
    身体障害者手帳1・2級または療育手帳Aの方 年額 13,000円
    身体障害者手帳3・4級または療育手帳B1の方 年額 8,000円

    注意:平成21年4月から施設入所者は支給されません。

   ・ 申請先:障害福祉課

ページの先頭へもどる

茨木市在日外国人障害福祉金

    ・機関:茨木市

    ・受給者:本人

    ・支給要件

  • 現在身体障害者手帳(1・2級)または療育手帳(A)を所持していること。
  • 昭和57年1月1日以前に満20歳に達しており、かつ当時日本国内において外国人登録されていたこと。
  • 昭和57年1月1日以前に障害者であった方(同日以後に障害者になった方で、 障害の発生原因の初診日が同日以前である場合も含みます。)
  • 現在本市に住民登録されていること。

    ・手当額:月額 20,000円

    ・申請先:障害福祉課
 

ページの先頭へもどる

児童扶養手当

    ・支給対象
次の要件に当てはまる18歳以下(18歳到達の年度の末日)の児童(一定の障害がある場合は、20歳未満)を監護している父又は母又は養育している方に支給されます。

  • 父母が婚姻を解消した児童
  • 父または母が死亡した児童
  • 父または母が重度の障害にある児童
  • 父または母の生死が明らかでない児童
  • 父または母から引き続き1年以上遺棄されている児童
  • 父または母が引き続き1年以上拘禁されている児童
  • 母が婚姻しないで生まれた児童
  • 父または母がDV防止法による保護命令を受けた児童

        注意:父又は母が一定の障害状態にある場合は、支給対象となります。

    ・手当額:月額1人 41,020円 2人の場合は左記に5,000円加算

    ・申請先:こども政策課

ページの先頭へもどる

障害基礎年金

・機関:国

・年齢要件:20歳以上

・受給者:本人

・支給要件

    ・原則として国民年金に加入中、国民年金法に定める障害の状態になった方で一定の保険料納付要件を満たしている場合に支給されます。
    ・20歳前から上記と同程度の障害を有している方にも支給されます。
    (所得制限があります。)

・申請先:国保年金課

ページの先頭へもどる

大阪府障害者扶養共済

障害者の将来に対し、保護者の方がもたれる不安を軽くするために、保護者の方が死亡し、または身体に著しい障害を有することとなった場合、掛金に応じて障害者(児)に年金が支給されます。

加入できる人    
大阪府内に住所があること(大阪市を除く)     
65歳未満であること(4月1日現在)     
特別の病気や障害がないこと  

掛金
掛け金の額(月額)は、次のとおりで1口目加入時または2口目追加時の年齢により 固定します。したがって、2口加入者は加入時と追加時の年齢の該当する掛金の合計となります。(年齢4月1日における満年齢で計算します。)

  • 35歳未満の方…掛金9,300円
  • 35歳以上40歳未満の方…掛金11,400円
  • 40歳以上45歳未満の方…掛金14,300円
  • 45歳以上50歳未満の方…掛金17,300円
  • 50歳以上55歳未満の方…掛金18,800円
  • 55歳以上60歳未満の方…掛金20,700円
  • 60歳以上65歳未満の方…掛金23,300円

        注意:年齢は加入(追加)時の年齢です。
        注意:脱退されても相互扶助の立場から、掛金は返還されません。

掛金減免(1口分のみ) 平成20年11月から減免率改正

  • 生活保護受給世帯…全額免除
  • 市民税非課税世帯…半額免除
  • 市民税均等割課税世帯…3割免除

注意:減免の期間は申請書の提出のあった月の翌月から次の6月までです。

年金の額
    加入者が死亡したり、重度の障害となったときから請求によって毎月1口につき
    20,000円支給(2口40,000円)

弔慰金
    1年以上加入した後、障害者が死亡したときは、加入期間に応じ一時金が支給されます。20,000円~100,000円

加入申込みに必要な書類

  1. 加入等申込書
  2. 申込者告知書
  3. 障害証明書(身体障害者手帳、療育手帳等証明できるもの)
  4. 年金管理者指定届書(障害者が年金を管理することが困難なとき)
  5. 加入申込者・障害者・年金管理者の住民票の写し

注意:他府県から転入の場合は(2)(3)の書類は不要です。
注意:二口目の追加の申込だけの場合は(3)(4)の書類は不要です。

申請先:障害福祉課

ページの先頭へもどる

お問い合わせ先
茨木市 健康福祉部 障害福祉課
〒567-8505
大阪府茨木市駅前三丁目8番13号
茨木市役所南館2階(17番窓口)
電話:072-620-1636
ファックス:072-627-1692 
E-mail syogaifukushi@city.ibaraki.lg.jp
障害福祉課のメールフォームはこちらから