第34回文化財資料館テーマ展「銅鐸をつくった人々-東奈良遺跡の工人集団-」

(イメージ)第34回文化財資料館テーマ展「銅鐸をつくった人々-東奈良遺跡の工人集団-」

開催場所・会場
文化財資料館
開催日・期間
平成29年9月30日(土曜日)~11月27日(月曜日)
イベントの種類分野
イベント / 文化・芸術 , 生涯学習・図書館

文化財資料館で開催されるテーマ展の内容についてお知らせするページです。

イベントの詳細
内容

東奈良遺跡から出土した鋳造関連遺物は、日本列島における弥生時代の青銅器鋳造を考えるうえで重要な資料です。

今回の展示では、東奈良遺跡の出土品に加え、近畿地域や東海地域の鋳造関連資料を展示することで、東奈良遺跡で銅鐸を製作していた工人集団とその動向にスポットをあてます。

 

講演会

10月14日(土曜日)午後2時~4時

「近畿地方の青銅器生産再考‐近年出土例を通して‐」

講師:三好孝一氏(公益財団法人大阪府文化財センター)

 

11月3日(金曜日・祝日)午後2時~4時

「製品からみた銅鐸工人集団」

講師:難波洋三氏(独立行政法人国立文化財機構奈良文化財研究所客員研究員)

 

会場:文化財資料館2階研修室

 

学芸員講座

11月17日(金曜日)午後2時~4時

「送風管からみた銅鐸工人集団」

清水邦彦(文化財資料館)

 

会場:文化財資料館2階研修室

 

定員 なし

ただし、講演会と学芸員講座はいずれも当日先着80人(午後1時開場)

申込み

不要

関連画像
「銅鐸をつくった人々―東奈良遺跡の工人集団―」展ポスター
関連ファイル
費用

無料

連携展示

同様のテーマを扱う下記2館と連携展示を行います。

【滋賀県立安土城考古博物館】

開館25周年記念・平成29年秋季特別展「青銅の鐸と武器-近江の弥生時代とその周辺-」

http://azuchi-museum.or.jp/special-kikaku/6039.html

 

 

【兵庫県立考古博物館】

開館10周年特別展「青銅の鐸と武器-弥生時代の交流-」

http://www.hyogo-koukohaku.jp/events/p6krdf0000006lj9.html

会場・開館時間・休館日

文化財資料館2階展示室

開館時間 午前9時から午後5時

休館日 毎週火曜日

阪急南茨木駅または大阪モノレール南茨木駅下車
東へ300メートル

問い合わせ先
茨木市 教育委員会 教育総務部 社会教育振興課
文化財資料館
〒567-0861
大阪府茨木市東奈良三丁目12番18号
電話:072-634-3433
ファックス:072-637-4745

E-mail shiryokan@city.ibaraki.lg.jp
文化財資料館のメールフォームはこちらから

地図情報

関連イベント

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。