太田茶臼山(ちゃうすやま)古墳(継体天皇陵)

太田茶臼山(ちゃうすやま)古墳(継体天皇陵)

紀元後5世紀頃に造られた大きな前方後円墳で、一説に第26代継体天皇陵(けいたいてんのうりょう)であるともいわれています。
現在も古墳の周囲の濠(ほり)には魚が泳ぎ、墳丘には緑が生い茂っています。 

施設概要

北から南に延びる低い台地上に築造された5世紀頃の堂々たる前方後円墳です。
末永雅雄博士の『日本の古墳』によると、この古墳の規模は、墳丘全長226メートル、前方部幅147メートル、前方部長117メートル、前方部高19.8メートル、後円部径138メートル、後円部高19.2メートルで、幅約28~33メートルの濠がめぐっています。また後円部と前方部が接するところに、造り出しが設けられています。
この古墳は宮内庁によると、第26代の継体天皇の御陵であるとされています。
「継体天皇」は、第25代武烈(ぶれつ)天皇に後継者がいなかったために、越前(福井県)から迎えられ、西暦507年に樟葉宮(くずはのみや、枚方市付近)で即位され、その没年は、『日本書紀』によると西暦531年頃です。
天皇の没年が6世紀、古墳の築造時期が5世紀であることなどから、この太田茶臼山古墳が、本当の継体天皇御陵であるか否かの論議が繰り返されています。

所在地

太田三丁目
近鉄バス 東和苑住宅行太田下車 東へ徒歩300メートル