文化財資料館コーナー展「新庄遺跡の平安時代」

(イメージ)文化財資料館コーナー展「新庄遺跡の平安時代」

開催場所・会場
文化財資料館2階ホール
開催日・期間
平成31年1月16日(水曜日)から3月4日(月曜日)
イベントの種類分野
イベント / 文化・芸術
イベントの詳細
内容

新庄遺跡は、安威川と茨木川に挟まれた場所に立地する、弥生時代から近世にかけての遺跡です。

府立茨木高等学校の建設に伴って、大阪府教育委員会により平成4年~7年度に発掘調査が行われました。

調査の結果、弥生時代から中世にかけての集落や水田、方墳(四角形の古墳)が見つかるなど、大きな成果が得られています。

 

今回の展示では、このうち平安時代の成果をご紹介します。

この時期には、建物群と水田が展開しており、建物群の周辺からは多くの緑釉陶器のほか中国産青磁などの高級品が出土しており、この地に平安京とつながりのある人物が拠点を置いたことがうかがわれます。

こうした焼き物のほか、調査当時の写真なども織り交ぜ、新庄遺跡の平安時代の様相をご紹介します。

関連画像
土器群の出土状況

土器群の出土状況(大阪府教育委員会提供)

建物群の検出状況

建物群の検出状況(大阪府教育委員会提供)

費用

入館無料

共催

大阪府教育庁文化財保護課

リンク
備考

1月9日(水曜日)から3月21日(木曜日)まで、「ちょっと昔のいばらき たがやす道具」展を同時開催中です。

詳細は下記ページをご覧ください。

関連ページ

地図情報

関連イベント

この記事に関するお問い合わせ先


茨木市 教育委員会 教育総務部 歴史文化財課
文化財資料館
〒567-0861
大阪府茨木市東奈良三丁目12番18号
電話:072-634-3433
ファックス:072-637-4745

E-mail shiryokan@city.ibaraki.lg.jp
文化財資料館のメールフォームはこちらから