6月18日発生 大阪府北部地震にかかる災害見舞金・災害弔慰金等について

6月18日に発生しました大阪府北部を震源とする地震で被害に遭われた皆様には、謹んでお見舞い申し上げます。

本市では、下記見舞金等につきまして、平成30年6月27日から受付を開始します。

詳細につきましては、障害福祉課までお問い合わせください。

茨木市災害見舞金について

(内容)

地震により本市において現に居住している家屋が全壊若しくは半壊した世帯、又は治療3か月以上の傷害を受けられた方に対して、災害見舞金を支給します。

(受給対象者)

・本市において現に居住している家屋(応急仮設住宅除く)が全壊若しくは半壊した世帯

・地震により治療3か月以上の傷害を受けられた方

(支給額)

・全壊した場合 5万円

・半壊した場合 3万円

・治療3か月以上の傷害 3万円

(受付期間)

罹災した日から1年以内

(申請に必要な書類等)

1.住民票の写し※手数料が無料になる申請書をお渡ししますので事前に障害福祉課までお越しください。

2.罹災証明書(全壊・半壊の場合)

3.医師の診断書等、90日以上の治療を要したことを証明する書類(傷害の場合)

4.印鑑(朱肉を使用するもの、認印可)

5.受給者名義の預貯金口座の支店名、口座番号が分かるもの

(受給者:全壊・半壊の場合は世帯主、治療3か月以上の傷害を負った場合は傷害を負われた方)

災害弔慰金について

(内容)

地震により死亡された市民のご遺族に対して、災害弔慰金を支給します。

(受給対象者)

地震により死亡された市民のご遺族

(支給額)

死亡された市民が生計維持者の場合:500万円

生計維持者以外の場合:250万円

災害障害見舞金について

(内容)

地震により心身に重度の障害を受けた市民に災害障害見舞金を支給します。

(受給対象者)

次の内容の障害を受けた市民

・両眼が失明したもの

・咀嚼及び言語の機能を廃したもの

・神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、常に介護を要するもの

・胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、常に介護を要するもの

・両上肢をひじ関節以上で失ったもの

・両上肢の用を全廃したもの

・両下肢をひざ関節以上で失ったもの

・両下肢の用を全廃したもの

・精神又は身体の障害が重複する場合における当該重複する障害の程度が上記8つと同程度以上と認められるもの

(支給額)

障害を受けた市民が生計維持者の場合:250万円

生計維持者以外の場合:125万円

(備考)

事前に障害福祉課までご相談ください。

災害援護資金について

(内容)

地震により被害を受けた世帯の世帯主に対して、災害援護資金を貸付します。

(貸付対象者)

地震により被害を受けた世帯の世帯主

(所得制限(市民税における前年の総所得金額等の合計額))

1人世帯 220万円未満

2人世帯 430万円未満

3人世帯 620万円未満

4人世帯 730万円未満

5人以上世帯は、730万円に世帯人員が1人増えるごとに30万円を加算した額

住居を滅失した場合にあっては、1,270万円未満

(貸付限度額)

被害の程度により150万円から350万円以内

(利率)

3%(据置期間中は無利子)

(償還期間と据置期間)

10年(据置期間はそのうち3年。ただし、特別な事情がある場合は5年。)

(償還方法)

年賦又は半年賦

(受付期間)

被災の日の属する月の翌月1日から起算して3か月を経過する日まで

大阪版被災住宅無利子融資制度について

被災住宅の早期復旧のため、補修工事に対する無利子融資制度です。

【融資対象等の概要】
(1) 対象者
    大阪府内の被災住宅の所有者または居住者で、全壊・大規模半壊・半壊・一部損壊の「り災証明書」を交付されている方(賃貸事業を行う場合は対象外)

(2) 対象工事
    「大阪府北部を震源とする地震」及び「平成30年7月豪雨」による被害によって損害が生じた住宅の補修を含む工事(屋根・外壁の修理等)

(3) 融資条件
    ア 融資額:1被災住宅あたり200万円以内(全壊・大規模半壊・半壊の場合は300万円以内)
    イ 返済期間:10年以内
    ウ 融資金利:0%

条件等の詳細については、下記ホームページをご確認ください。

この記事に関するお問い合わせ先
茨木市 健康福祉部 障害福祉課
〒567-8505
大阪府茨木市駅前三丁目8番13号
茨木市役所南館2階(17番窓口)
電話:072-620-1636
ファックス:072-627-1692 
E-mail syogaifukushi@city.ibaraki.lg.jp
障害福祉課のメールフォームはこちらから
「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。