働きやすい職場づくり「ワークライフバランス実現に向けて」

仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)の実現に向けて

時代の移り変わりとともに変化するライフスタイルの中、私たちは、仕事と、家事・育児・介護などの生活との両立に悩んできました。平成19年12月、関係閣僚、経済界、労働界、地方公共団体等の合意により「仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)憲章」・「仕事と生活の調和推進のための行動指針」が策定され、仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)の実現に向け官民一体となって取り組んでいきます。

ワーク・ライフ・バランスの実現に向けた「3つの心構え」と「10の実践」

〈内閣府 仕事と生活の調和推進室作成 抜粋〉

3つの心構え 「本気!前向き!全員参加!」です。

10の実践について

  1. 会議のムダ取り
    会議の目的やゴールを明確にする。参加メンバーや開催時間を見直す。必ず結論を出す。
  2. 社内資料の削減
    事前に社内資料の作成基準を明確にして、必要以上の資料の作成を抑制する。
  3. 書類を整理整頓する
    キャビネットやデスクの整理整頓を行い、書類を探すための時間を削減する。
  4. 標準化・マニュアル化
    「人に仕事がつく」スタイルを改め、業務を可能な限り標準化、マニュアル化する。
  5. 労働時間を適切に管理
    上司は部下の仕事と労働時間を把握し、部下も仕事の進捗報告をしっかり行う。
  6. 業務分担の適正化
    業務の流れを分析した上で、業務分担の適正化を図る。
  7. 担当以外の業務を知る
    周りの人が担当している業務を知り、業務負荷が高いときに助け合える環境を作る。
  8. スケジュールの共有化
    時間管理ツールを用いてスケジュールの共有化を図り、お互いの業務効率化に協力する。
  9. 「がんばるタイム」の設定
    自分の業務や職場内での議論、コミュニケーションに集中できる時間をつくる。
  10. 仕事の効率化策の共有
    研修などを開催して、効率的な仕事の進め方を共有する。

関連ページ

この記事に関するお問い合わせ先
茨木市 産業環境部 商工労政課
〒567-8505
大阪府茨木市駅前三丁目8番13号 茨木市役所本館7階
電話:072-620-1620
ファックス:072-627-0289 
E-mail syokorosei@city.ibaraki.lg.jp
商工労政課のメールフォームはこちらから