茨木市のあゆみ

 

昭和23年  
1月1日 茨木町・春日村・三島村・玉櫛村の1町3村が合併し、市制を施行
3月 茨木市警察署発足
10月 茨木市消防本部・消防署設置
昭和24年(1949年)  
5月 茨木川の一部が廃川となる
昭和25年(1950年)  
1月 元市庁舎開庁式 
昭和27年(1952年)  
2月 茨木市立図書館が府立ブックステーションとして発足
10月 市民病院開院(昭和39年6月廃止)
昭和29年(1954年)  
2月 安威村・玉島村を合併
6月 市警が廃止され、大阪府茨木警察署となる
昭和30年(1955年)  
4月 福井村・石河村・見山村・清溪村を合併
見山・清溪出張所開所(現北辰出張所)
昭和31年(1956年)  
11月 財政再建団体の指定を受ける
12月 箕面市の一部(旧豊川村の東部)を編入
豊川出張所開所(平成15年9月廃止)
昭和32年(1957年)  
3月 三宅村を合併
三宅出張所開所(平成15年9月廃止)
昭和34年(1959年)  
6月 府営の上水道を導入
昭和35年(1960年)  
4月 宿久庄保育所を開所(平成5年4月閉鎖)
昭和36年(1961年)  
12月 交通安全都市宣言
昭和38年(1963年)  
1月 春日丘水源地完成
財政再建期間の延長を認める再々建の指定を受ける
12月 衛生処理場竣工
昭和39年(1964年)  
4月 人口10万人を超える
9月 昭和3年設置の片桐町のトンガリ屋根の給水塔が役割を終える
昭和40年(1965年)  
2月 住居表示実施(第1次)
10月 穂積配水池が完成
十日市水源地第1期工事完成
11月 ごみ焼却場完成
昭和41年(1966年)  
5月 赤字財政全額解消(16年ぶり)
11月 市民憲章制定
12月 工業生産額が1000億円に達する
昭和42年(1967年)  
1月 全国にさきがけ、国民健康保険の給付率を世帯主、家族ともに7割とする
11月 市の木カシと市の花バラが決まる
昭和43年(1968年)  
3月 下水道中央ポンプ場完成
6月 市旗制定
市庁舎第1期工事完成
8月 市民プール(現中条市民プール)オープン
9月 南青少年運動広場(現若園運動広場)完成
12月 ノーベル文学賞作家川端康成氏に名誉市民第1号の称号を贈る
昭和44年(1969年)  
3月 「茨木市史」発刊
6月 人口15万人を超える
市民会館(ユーアイホール)完成
2月 安威川流域下水道中央処理場通水式
4月 消防署南分署(現下穂積分署)完成
昭和46年(1971年)  
8月 下水道安威ポンプ場完成
12月 市総合計画できる(目標年次1985年)
市民課の日曜日窓口開始
昭和47年(1972年)  
4月 道祖本解放会館(現豊川いのち・愛・ゆめセンター)オープン
名誉市民川端康成氏逝去
12月 環境保全条例施行
昭和48年(1973年)  
1月 合同庁舎<消防庁舎、中央公民館、図書館(現中条図書館)>完成
3月 消防署北分署(現西河原分署)完成
4月 水尾・天王幼稚園、天王小学校を開校(園)
老人福祉センタ一福寿荘(現福井荘)オープン
5月 総持寺保育所を開所
8月 沢良宜解放会館(現沢良宜いのち・愛・ゆめセンター)オープン
11月 東奈良遺跡から銅鐸(どうたく)の鋳型発見
昭和49年(1974年)  
4月 玉島幼稚園、葦原小学校、北・東雲中学校を開校(園)
中津保育所を開所
郡山保育所を開所(平成21年4月民営化)
総持寺解放会館(現総持寺いのち・愛・ゆめセンター)オープン
5月 市庁舎(第2期工事)完成
7月 あけぼの学園オープン
10月 自動車文庫ともしび号スタ一ト
昭和50年(1975年)  
4月 沢池幼稚園、郡・庄栄小学校を開校(園)
葦原幼稚園を開園(平成2年3月閉鎖)
中条保育所を開所(平成19年4月民営化)
消防署北辰分署完成
4月 人口20万人を超える
7月 31万平方メ一トルの青少年野外活動センターオープン
昭和51年(1976年)  
2月 保存樹木(林)指定
3月 東地区公民館(現大池公民館)完成
4月 東雲幼稚園、沢池小学校を開校(園)
鮎川保育所を開所
水尾保育所を開所(平成20年4月民営化)
12月 学園町分室庁舎完成
昭和52年(1977年)  
3月 豊川地区公民館完成(平成18年3月閉鎖)
4月 清溪幼稚園を開園(平成16年3月閉園)
天王中学校を開校
6月 市政を知り、学ぶ会スタート(平成18年3月廃止)
11月 市長への提言月間始まる(平成16年3月廃止、アイデアボックスへ移行)
茨木自然歩道オープン
12月 保健医療センターオープン
昭和53年(1978年)  
2月 市民体育館オープン
4月 畑田・山手台小学校を開校
玉櫛幼稚園を開園(平成2年3月閉鎖)
郡保育所を開所
10月 北青少年運動広場(現福井運動広場)完成
昭和54年(1979年)  
3月 三島地区公民館(現三島公民館)完成
4月 郡幼稚園、耳原小学校を開校(園)
道祖本青少年会館(現豊川いのち・愛・ゆめセンター分館)完成
7月 青少年健全育成条例施行
昭和55年(1980年)  
1月 老人福祉センタ一敬寿荘(現桑田荘)オープン
4月 庄栄幼稚園、西陵中学校を開校(園)
豊川幼稚園を開園(平成2年3月閉鎖)
松ヶ本保育所を開所(平成21年4月民営化)
沢良宜青少年会館(現沢良宜いのち・愛・ゆめセンター分館)完成
8月 全国初の溶融式ごみ処理施設稼働
10月 アメリカ・ミネソタ州ミネアポリス市と姉妹都市を提携
昭和56年(1981年)  
2月 シルバ一人材センタ一設立
3月 西地区公民館(現春日公民館)完成
4月 穂積・白川小学校
平田中学校を開校
4月 不法屋外広告物等撤去対策協議会設立
6月 福祉文化会館(オークシアター)オープン
7月 第二市民プール(現五十鈴市民プール)オープン
9月 市民課窓口で電算処理システムの漢字化とオンライン化始動
昭和57年(1982年)  
3月 消防署白川分署完成
4月 特定行政庁(建築確認事務)スタ一ト
東奈良小学校を開校
4月 障害者センター(現障害福祉会館)オープン
6月 ラブホテル建築等規制条例施行
7月 総持寺青少年会館(現総持寺いのち・愛・ゆめセンター)完成
10月 自転車等放置防止条例施行
11月 養精地区公民館(現茨木公民館)完成
12月 デイサービス(虚弱老人通所介護サービス)事業スタ一卜
昭和58年(1983年)  
3月 南地区公民館(現玉櫛公民館)完成
4月 ボランティアセンタ-開設
北陵中学校を開校
4月 桜の苑オープン
第二市民プール(現五十鈴市民プール)に温水プールオープン
9月 上中条分室庁舎完成
昭和59年(1984年)  
3月 文化財資料館オープン
東雲地区公民館(現白川公民館)完成
4月 西・西河原小学校を開校
5月 世界人権宣言茨木連絡会議結成
7月 下水道大池ポンプ場完成
9月 し尿浄化槽汚泥処理施設完成
10月 第2次総合計画を策定(目標年次1995年)
保健医療センタ一増築工事完成
12月 非核平和都市宣言
昭和60年(1985年)  
3月 上中条青少年センターと川端康成文学館完成
西青少年運動広場(現春日丘運動広場)完成
天王地区公民館(現天王公民館)完成
4月 太田中学校を開校
消防署山手台分署完成
8月 牟礼遺跡から井堰・水田跡発見
10月 中国・安徽省安慶市と友好都市を締結
12月 斎場(告別式場棟)オープン
昭和61年(1986年)  
1月 平田地区公民館(現玉島公民館)完成
4月 防災行政無線開局
6月 人口25万人を超える
昭和62年(1987年)  
8月 初の子ども議会開催(平成20年度を最後に子ども学習へ移行)
9月 キリシタン遺物史料館オープン
昭和63年(1988年)  
2月 斎場完成
4月 情報公開・個人情報保護制度スタ一卜
太陽の里オープン
7月 忍頂寺スポーツ公園完成
8月 阪急高架化事業新上り線開通
10月 香川県内海町(現小豆島町)と姉妹都市を提携
11月 ソウルオリンピック銀メダリストの長谷川智子さんに市民栄誉賞第1号
12月 中学校でパソコン授業スタ一卜
平成元年(1989年)  
3月 元茨木川緑地整備計画、西河原公園整備事業終わる
太田地区公民館(現太田公民館)完成
4月 消防署西分署(現下井分署)完成
老人福祉センター長寿荘(現西河原荘)オープン
10月 市民総合センター(クリエイトセンター)オープン
12月 東青少年運動広場(現東雲運動広場)完成
平成2年(1990年)  
4月 初の市民さくらまつり開催
生涯学習センター開設
6月 大阪モノレール(南茨木~千里中央駅間)開業
7月 姉妹都市内海町に市民海の家オープン(平成12年12月閉鎖)
平成3年(1991年)  
4月 市立幼稚園で2年保育スタート
消防署東分署(現水尾分署)完成
5月 健康増進センターオープン
忍頂寺スポーツ公園内に宿泊施設「竜王山荘」オープン
平成4年(1992年)  
1月 在宅サービス供給ステーション事業開始
4月 中央図書館と富士正晴記念館オープン
6月 中央公園駐車場オープン
10月 違法駐車防止条例施行
平成5年(1993年)  
7月 西河原市民プールオープン
10月 シルバーワークプラザ(シルバー人材センター)完成
11月 老人訪問看護ステーション開設
平成6年(1994年)  
4月 救急救命士を置き、救急救命活動スタート
水尾公園オープン
障害者デイサービスセンターしみずオープン
若園公園バラ園オープン老人福祉センター葦原荘、葦原老人デイサービスセンター、葦原コミュニティセンターオープン
6月 駐車場案内システム稼働
10月 福井市民体育館オープン
12月 第3次総合計画を策定(目標年次2005)
平成7年(1995年)  
1月 阪神・淡路大震災発生
3月 人権擁護都市宣言
4月 全市域で資源ごみ分別収集スタート
5月 中津コミュニティセンターオープン
水尾図書館オープン
10月 初の飲料水兼消防用耐震性貯水槽完成
平成8年(1996年)  
3月 環境衛生センター第2工場完成
障害福祉センターハートフル完成
財団法人 文化振興財団設立
4月 オーパス・スポーツ施設案内・予約システムスタート
消防総合情報システム完成
平成9年(1997年)  
1月 文化財保護条例を施行
4月 土石流監視システム稼働、桑田公園一部オープン
沢池老人デイサービスセンターオープン
老人福祉センター沢池荘オープン
6月 市庁舎南館完成
行政情報案内サービススタート(平成18年3月終了)
11月 JR茨木駅東口自転車駐車場オープン
12月 JR茨木駅東口駅前広場完成
平成10年(1998年) 市制施行50周年  
3月 銭原ふれあい農園開園
阪神・淡路大震災を教訓に新地域防災計画を策定
4月 環境監視システム稼働
庄栄図書館・庄栄コミュニティセンターオープン
西河原老人デイサービスセンターオープン
5月 耳原公園オープン
7月 目垣遺跡から弥生時代中期前半の人面付土器が出土
10月 消防署下穂積分署完成
11月 生涯学習都市宣言
12月 人権尊重のまちづくり条例施行
平成11年(1999年)  
4月 水尾コミュニティセンターオープン
東奈良遺跡で最古級の小銅鐸が出土
6月 空き缶等のポイ捨て防止条例施行
9月 子育て支援センタースタート
平成12年(2000年)  
2月 戸籍情報システム稼働
4月 男女共生センターローズWAMオープン
生涯学習情報提供サービススタート
7月 市内初のプールつき体育館が西中学校に完成
8月 郡コミュニティセンターオープン
9月 西河原コミュニティセンターオープン
平成13年(2001年)  
1月 いばらき・ファミリー・サポートセンタースタート
3月 郡山宿本陣が一般公開スタート
4月 特例市となる
穂積コミュニティセンターオープン
穂積図書館オープン
5月 「ばらサミット」開催
12月 JR宇野辺ガード開通
平成14年(2002年)  
3月 男女共同参画計画を策定
7月 高齢者市民証発行
見山の郷オープン
平成15年(2003年)  
1月 畑田コミュニティセンターオープン
2月 東市民体育館、東コミュニティセンターオープン
4月 住民票の写し、印鑑登録証明書の自動交付機を設置
10月 見山・清溪出張所を統合し、名称を北辰出張所に変更
平成16年(2004年)  
4月 老人福祉センター南茨木荘、南茨木老人デイサービスセンターオープン
彩都西小学校を開校
彩都(国際文化公園都市)まちびらき記念式典開催
7月 茨木商工会議所、追手門学院と産・官・学連携基本協定書に調印
12月 生涯学習センターきらめきオープン
第4次総合計画を策定(目標年次2015年)
平成17年(2005年)  
1月 桑原運動広場オープン
4月 観光協会設立
8月 子育て支援総合センターオープン
平成18年(2006年)  
4月 豊川コミュニティセンターオープン
10月 市民活動センターオープン
里山センターオープン
11月 茨木商工会議所、梅花女子大学・梅花女子大学短期学部と
産・官・学連携基本協定書に調印
平成19年(2007年)  
1月 消防本部でISO14001の認証を取得
4月 高機能消防総合情報システム稼働
5月 大阪大学と連携協力に関する包括協定に調印
10月 廃棄物の減量及び適正処理に関する条例施行
市役所本庁でISO14001の認証を取得
平成20年(2008年) 市制施行60周年  
4月 彩都西中学校開校
茨木っ子プラン22(学力向上3カ年計画)を実施
11月 北京オリンピック金メダリストの石井 慧さんに市民栄誉賞を贈呈
平成21年(2009年)  
4月 太陽の里「穂積」を「ともしび園」に統合
路上喫煙の防止に関する条例を施行
まちづくりSNSを開設
10月 新型インフルエンザ対策行動計画を策定
市の公共施設駐車場を有料化
松ケ本町とJR茨木駅前広場(東西)に駐輪場がオープン
簡易電子申込システムの導入
平成22年(2010年)  
4月 南市民体育館オープン
ローズWAM施設予約システムが稼働
7月 子育てすこやかセンターオープン
10月 市立斎場第5告別式場オープン
平成23年(2011年)  
1月 双葉町駐車場オープン
4月 公共施設の使用料を変更
健康増進センター閉鎖
茨木っ子ステップアッププラン25(新学力・体力向上3カ年計画)を実施
6月 住民票、戸籍謄本などの本人通知制度を開始
7月 プレミアム商品券の販売
11月 「女性化学賞」を受賞した相馬芳枝さんに市民栄誉賞贈呈
平成24年(2012)  
1月 こども健康センター業務を開始
山手台新町一丁目~三丁目、真砂玉島台住居表示を実施
4月 環境事業課(学園町分室)を環境衛生センターへ移転
彩都西コミュニティセンターオープン
西河原公園(拡張部分)オープン
西河原分署移転
7月 景観条例施行
8月 茨木商工会議所、立命館大学と産・官・学連携協定締結
9月 バス歌手の岸本 力さん、プロゴルファーの故杉原輝雄さんに市民栄誉章贈呈
大分県竹田市と「歴史文化交流パートナーシップ宣言」を宣言
平成25年(2013)  
6月 市役所内にパスポートセンターを開設
9月 プロゴルファーの井戸木鴻樹さんに市民栄誉章贈呈
10月 住民票の写し、印鑑登録証明書等のコンビニ交付を開始
11月 大分県竹田市と歴史文化姉妹都市を提携
平成26年(2014)  
4月 茨木っ子ジャンプアッププラン28(第3次学力・体力向上3カ年計画)を実施
7月 阪急茨木市駅に図書返却ポストを新設
平成27年(2015)  
3月 JR茨木駅東口駅前広場の整備完了
JR茨木駅東口に図書返却ポストを新設
第5次総合計画を策定
4月 立命館いばらきフーチャープラザオープン
岩倉公園オープン
桑原ふれあい運動広場オープン
老人福祉センター桑田荘を高齢者活動支援センター「シニアプラザいばらき」にリニューアル
市内5か所に多世代交流センター(元老人福祉センター)オープン
12月 市民会館を閉館
平成28年(2016)  
7月 新修茨木市史全10巻刊行完結
10月 キラリいばらき大賞を創設
リオデジャネイロオリンピックに出場したシンクロナイズドスイミング銅メダリストの吉田胡桃さん、中牧佳南さん、リオデジャネイロパラリンピックに出場した陸上選手の芦田 創さん、和田伸也さん、野球の国際大会U18アジア選手権に出場した寺島成輝さんに同賞を贈呈
11月 リオデジャネイロオリンピックレスリング銀メダリストの樋口 黎さんに市民栄誉賞贈呈