9月23日 よりよい暮らしを求めて 消費生活展を開催

手作りコーナーを楽しむ親子
キーホルダー作りを楽しむ親子
パネル展を見る家族

23日(祝)、イオンモール茨木(市松ヶ本町8-30)で「消費生活展~よりよい暮らしを求めて~」を開催しました。今年のテーマは、「安全・安心まずは「食」から」。メキシコダンス・バルーンパフォーマンス・マジックショーのステージイベントやレシピゲーム・旬あわせゲーム、食育に関するパネル展示など、さまざまなコーナーが企画され、遊びやゲーム感覚で楽しみながら、健康・食育などについて学びました。

また同じくイオンモール茨木内で、動物愛護展も開催されました。同展では写真パネル展「赤ちゃんネコのすくいかた」や行政が預かっている動物の譲渡案内などが展示されました、オリジナルどうぶつキーホルダーを作る体験コーナーでは、見本を見ながら犬や猫など、子どもたちがかわいいキーホルダーを作っていました。

両展に訪れた家族連れは、「消費生活展では、子どもと一緒に楽しめるコーナーがたくさんあり、健康や食についてわかりやすく学ぶことができ、とても有意義な時間を過ごせました。近くに動物愛護展もあり、気軽によることができてよかったです」と話しました。