9月13日 茨木幼稚園で、祖父母参観を実施

お手玉をするおばあちゃんと園児
おじいちゃんと遊ぶ園児
祖父母たちの前で体操をする園児たち

13日、茨木幼稚園(片桐町6-25)で、敬老の日を目前に祖父母参観が行われました。

この日は普段とは異なり、朝からおじいちゃん・おばあちゃんと一緒に室内や園庭で遊びました。

室内では、各クラスで「おりがみ」「ままごと」「工作」、遊戯室で「紙ヒコーキ」「こま回し」「けんだま」などといった昔から親しまれている遊びを楽しみました。おばあちゃんが上手に「お手玉」を披露すると、園児は大はしゃぎ。おばあちゃんのまわりに集まり、一緒になって「お手玉」を楽しみました。

また、園庭では滑り台やブランコ、跳び箱やリレーなどが行われました。そのほかにも、おじいちゃんに支えられながら「竹馬」をしたり、一緒になって「縄跳び」をしたり、体を動かしながら元気に遊びました。最後に園庭で、おじいちゃんやおばあちゃんたちに「元気いちバンバン」の体操を披露しました。

参観に来たおじいちゃんは「孫が元気すぎて、ついていくのが大変だったけど、久し振りに一緒に遊べて楽しかったです。」と汗をぬぐい、疲れた様子ながらも笑みがこぼれていました。