6月14日 沢池小学校で茶道体験

茶道体験の様子
茶道体験の様子

14日、沢池小学校の5年生124人が、学校内の和室で地域の人の指導のもと茶道を体験しました。

同小学校では、日本の伝統文化を体感するため、毎年5年生で茶道体験をしています。

初めに、指導者の先生による実演があり、お茶のたて方の見本を見せました。ほとんどの児童が茶道は未経験だったので、先生の一つ一つの所作に興味津々の様子でした。先生に作法などを教えてもらいながら、実際に自分たちでもお茶たて、茶菓子と一緒においしそうに飲んでいました。

体験を終えた児童は「自分でたてたお茶はすごくおいしかった。もっとおかわりをしたかった」「お茶をたてるのは難しかったけど、楽しかった」と笑顔で話しました。

今回、児童に茶道を教えた伊藤さんは「実際に自分たちでお茶をたてることで茶道に興味を持ってもらい、子どもたちにこれからの日本文化をより豊かにしていってほしいです。また、茶道で学んだ正しい姿勢などを日常生活にも活かしてもらえれば」と話しました。